人気沸騰中!!デザインアンテナ

テレビのアンテナと言えば、屋根の上に設置する魚の骨の形のようなアンテナを思い浮かべる人が多いかと思います。
しかし、近年では小さくてデザイン性の高いデザインアンテナが話題となっている事をご存知でしょうか?
新居の建設を考えている人や、新しいアンテナの設置を検討している人にぜひ知っておいてほしい、デザインアンテナについてお話ししたいと思います。

デザインアンテナとは?

デザインアンテナとは、平面で薄型のアンテナのことを言います。
一般的に多く使用されている八木式アンテナ(魚の骨のような形のアンテナ)とは違い、スタイリッシュでデザイン性を重視したものとなります。
その為、住宅の景観への影響が少ないので「住宅のデザインを損ねたくない」という人にはお勧めのアンテナです。
従来のアンテナに比べてとてもコンパクトなので、これで本当に受信できるのか不安に思う人も多いかと思いますが、問題なく使用する事ができ、台風等でのアンテナ被害の心配も減少されるので話題となっています。

どこに設置するのか

デザインアンテナを設置する際は、八木式アンテナよりも電波を受信する力が弱い傾向にあるので設置場所に注意が必要です。

壁面

デザインアンテナの設置場所として最も多いのは壁面です。
穴を開けて設置する「ビス施工」で壁面に直接取り付ける事で、強度を保つことが出来るので安心です。

屋根

屋根に設置する場合、屋根の上と屋根裏への設置を選ぶことが出来ます。
屋根上の場合、もっとも高い位置への設置となるので電波の受信感度は良好となりますが、雨や雪の影響を受けて破損に繋がる可能性があるので注意が必要です。
屋根裏の場合、外観に影響しない為人気のある設置場所ですが、電波を受信できる・アンテナを設置するスペースがあるといった条件が必要となります。

ベランダ

専用金具で手すりに固定する為、ベランダの手すりの強度が必要となります。
設置場所が低くなるので、電波の受信に注意が必要ですがBSアンテナやCSアンテナと合わせて設置したいという人におススメです。

アンテナの種類ごとのメリット・デメリット

デザインアンテナのメリット

デザインアンテナの大きなメリットは、やはり住宅の景観を損ねないデザイン性の高さがあげられます。
デザインアンテナはいくつかのカラーバリエーションがあり、その中から住宅の色にあったものを選択する事が出来るので安心です。
他にも、デザインアンテナを設置・修理する際にも屋根に上がる必要がないので、工事自体を比較的簡単に終える事が出来ます。
デザインアンテナの場合、電波の受信状況によって壁面やベランダ・屋根裏に取り付けることが可能です。
近年では、台風等でアンテナが破損するといった被害が多く見られましたが、デザインアンテナの場合屋根に設置しないので、雨・風・台風などの被害を受けにくいと言われています。

デザインアンテナのデメリット

デザインアンテナは住宅によって設置出来ない場合があるので注意が必要です。
住宅が電波の弱い地域などではデザインアンテナの設置が難しいといったケースも見られます。
デザインアンテナの設置は、屋根の下などの壁面に設置される事が多いので細かいアンテナの向きが調節出来ない事がある為、事前に確認しておくと安心でしょう。
価格の面では、八木式アンテナに比べて高いものが多いです。

八木式アンテナのメリット

八木式アンテナは屋根に設置する為、他のアンテナに比べて電波を受信しやすいといった特徴があります。
地方局の受信もしやすいと言われているので、地元のチャンネルを好む人には安心です。
もし電波塔のある方向に同じぐらいの高さの家が建ってしまった場合でも、受信には問題ないとされています。
価格の面では、デザインアンテナに比べて八木式アンテナの方が安価に設置する事が出来ます。

八木式アンテナのデメリット

八木式アンテナは魚の骨のような形をしているので家の景観に影響をきたしてしまう可能性があります。
また、屋根などの高い場所に設置するため、雨・風・雪などの自然の影響を受けやすく、台風などで破損してしまうケースもあるので注意が必要です。