テレビ放送の限定受信システムと著作権限

定受信システムと聞いて、何のことか分かるでしょうか?テレビの横面にカードが刺さっているのを見たことはありませんか?このカードの名称はB-CASカードと言い、テレビを設置するとき、アンテナや周辺機器の設置だけでなく、この限定受信システムとB-CASカードの設定も行わないとテレビの視聴ができません。詳しくご紹介していきます。

限定受信システムって?

地上デジタル放送にすべて切り替わって以来普及しているシステムで、カードで個人を認識し、放送電波の受信、視聴をできるようにして、悪用されるのを防いでいます。スカパー限定受信方式、日立方式など複数存在しますが、その中で広く普及しているのがB-CASです。B-CASカードをテレビに差し込まないとテレビ視聴や録画はできません。

限定受信の仕組みは?

特別に複雑な仕組みではなく、放送局から電波が発信される時点で、映像データの暗号化と録画コピーの制限がかけられるようになりました。B-CASカードが刺さっているテレビ受信機でのみ制限を解くことができ、地上デジタル放送の視聴とテレビ番組の録画が所定の回数までできるようになります。

何のために作られたの?

テレビチューナー内蔵パソコンが発売された頃、録画された番組がインターネットに公開される事例が多発し、逮捕者も出る程の問題になっていました。
私的利用以外のテレビ番組の録画や公開する行為は違法となります。放送局の著作権を守ることが限定受信システムの目的です。テレビチューナー内蔵パソコンは今も販売されていますが、テレビと同じようにB-CASカードを挿入する構造に変わっています。
有料番組だけではなく、無料の民間放送を見るだけでもB-CASカードの挿入が必要です。

B-CASカードってどんなもの?

B-CASカードはクレジットカードの大きさで、ICチップが埋め込まれています。デジタル対応のテレビを買うとB-CASカードが付いてくるので、テレビ横面の差込口へ挿入します。
テレビ買い替えの時も、個人情報はB-CASカードに記録されたままなのでカードを入れ替えることですぐにテレビが視聴できるようになります。複数の放送局との契約があってもカード1枚を挿したままで大丈夫です。
B-CASカードには、赤・青・オレンジの3色があり、赤は地上デジタル放送・BS/CS放送兼用、
青は地上デジタル放送のみ、オレンジ色ケーブルテレビ専用カードです。
以前は個人情報の登録が必須でしたが、正規のB-CASカード保持者が増えたため個人を特定し情報を管理する必要性が薄れ、2010年に登録制度は廃止されました。

4K放送のコピーガード問題

2018年12月から4K・8K放送が始まりました。めざましい技術の進化により、従来のフルハイビジョン放送の規格から映像・音声の品質が従来の4~8倍になると言われており、さらに美しいテレビ放送が楽しめます。
かつて、「4K・8K放送が始まると無料の民放放送でも録画ができなくなる」という噂がありました。現在では新4K BS/CS放送チューナーが開発・発売され、その心配は杞憂に終わりましたが、今後の世論の流れによっては録画の一切ができない番組が増える可能性もあります。
テレビ番組は制作元であるキー局が知的財産権・著作権を保有するもので、2016年頃、キー局側から「次世代の放送規格では無料放送の録画禁止をすすめたい」という声があがるようになりました。録画の利点は、放送時間外に見たい番組を楽しめるというところで、私的利用の範囲ならもちろん問題にはなりません。このように視聴者の生活になじんでいるものを大きく変える可能性がある議論が過去にあったのです。
CMのスキップができないようにする、など代替案も検討されていますが、もし今後放送時間に1度のみしか楽しめないということになれば、視聴者にとっては非常に不便で悩ましい問題です。
私たちの楽しいテレビライフを守るためにも、テレビ番組の視聴や録画は決められたルールを守って行いましょう。