デザインアンテナのメリット

屋根の上に乗っている「アンテナ」と言えば、ほとんどの人は魚の骨のような形をした「八木式アンテナ」を思い浮かべるのではないでしょうか?これまで一般的に広く使われてきた「八木式アンテナ」に加えて最近は平面アンテナ、壁面アンテナ、フラットアンテナとも呼ばれる「デザインアンテナ」が登場し、アンテナの選択肢も大きく増えました。住いのスタイルや景観にこだわりを持つお客様にも納得して頂けるデザインアンテナのメリットを見ていきましょう。

デザインアンテナとは

デザインアンテナとは長方形の薄型アンテナです。平面であることから、カラーの選択ができる、壁面設置ができるなど八木式アンテナに比べると住いのデザインを損ねることなく設置することが可能になりました。デザインアンテナはその形状からお客様の要望に沿って様々な場所に設置されます。

〇壁面

デザインアンテナの設置で一般的な形は壁面への設置です。アンテナは壁面にビスで固定されると壁の一部になって家のデザインに溶け込むため、強度も高くなる他、壁面に色を合わせれば壁の一部になり、窓枠やサッシなどとのカラーコーディネートも楽しめます。ホワイト、ブラウン、ブラックなどのカラーバリエーションがあります。

〇ベランダ

別途用意される設置金具を用いての設置となります。ベランダのフェンスに取り付ける場合はフェンスの強度が重要となります。

〇マスト

屋根の上に設置してあるBSアンテナなどのマストに取り付けるケースもあります。マストを利用することでデザインアンテナを屋根の上に設置することも可能です。鳥の大群によって被害が出ているなどの場合、鳥がとまることのできないデザインアンテナの方が被害を小さく留めることもできます。

〇屋根裏

アンテナが外から全く見えなくなるため人気の高い設置方法となっていますが、電波状況等の条件が一致する場合のみに限られます。アンテナ工事に保証制度がしっかりとついている工事業者に依頼すれば「工事の後テレビが見られない。」などと言った心配は不要です。

八木式アンテナとデザインアンテナのメリットの違い

従来一般的に使われてきた「八木式アンテナ」と近年人気が高まる「デザインアンテナ」。それぞれのメリットを見ていきましょう。

八木式アンテナ設置のメリット

八木式アンテナは屋根の上にに設置されるため、電波を受信しやすいことが最大のメリットです。またデザインアンテナに比べて設置にかかる費用を比較的安く抑えることがてきます。

デザインアンテナ設置のメリット

住宅のデザインや住む人の好みに合わせることができるということは八木式アンテナにはないメリットと言えるでしょう。また、デザインアンテナの設置や修理に関しては屋根の上に上がって足場の悪いところで作業をすることがなくなるので工事が比較的楽になる他、台風など強風や雨による被害を受けにくくなります。また、屋根に太陽光ソーラーパネルを設置する場合、屋根にアンテナがあれば強風などで倒れることがあった場合はソーラーパネルが破損する恐れがありますが、デザインアンテナではそのような心配は必要ありません。

デザインアンテナのデメリット

メリットを上げてみるとデザインアンテナの人気が高い理由が分かりますが、もちろんデメリットもあります。電波の弱い地域にあるご家庭でデザインアンテナの設置を希望された場合はデザインアンテナが設置できないケースもあります。デザインアンテナは住宅の壁面と同化するように設置されるケールが多くありますが、アンテナの微妙な向きの調整が難しいため、電波が上手く拾えないことも考えられ、設置には注意が必要です。また、デザイン性が高い分八木式アンテナに比べて価格が高くなりることもデメリットの1つと言えるでしょう。