4Kテレビだけど4Kが見られない?

昨年12月1日、いよいよ新4K衛星放送がスタートしました。フルハイビジョンの約4倍というきめ細かな映像で本来の明るさや色を再現するだけでなく、スポーツなど動きの激しい映像でも全体の動きが滑らかになるという4K放送のスタートにともない、4Kテレビの準備をされたご家庭も多いことでしょう。しかし、4kテレビだけでは4k放送の受信はできません。4k放送を楽しむために必要な設備、周辺機器について見ていきましょう。

これまでのテレビと4kテレビの違いとは

4kテレビを購入したけれど、そもそもこれまでのテレビと4kテレビの違いがよく分かっていないという方も少なくないことでしょう。4kテレビの4kとは「画素数」をあらわしています。画素とは画像を構成する点の数で、画素の数が多ければ多いほど、なめらかできめ細やかな映像になります。4k(3,840×2160)は横に3840個のドット、縦に2160個のドットが並んでいることを表しています。1920×1080の点が並んでいるのがこれまでのテレビ、「フルHD (フルハイビジョン)」なので、4kテレビは「フルハイビジョンテレビの4倍高精細なテレビ」ということができるのです。加えてこれまでのフルハイビジョンテレビは、画面が大きくなるにつれて映像が粗くなってしまう欠点がありましたが、4kは大型テレビで視聴しても画面の粗さが目立ちにくいため、大画面で迫力のある映像を楽しむこともできます。

新4K衛星放送を視聴するためには

4kテレビも従来のテレビと同じように、アンテナにつなぐことで地上デジタル放送を見ることができます。しかし、新4k衛星放送の素晴らしい映像を楽しむためには4k対応テレビの他「専用アンテナ」と「チューナー」が必要です。4kテレビを購入すれば専用アンテナとチューナーがもれなくついてくるわけではないので、別途購入する必要があります。

専用アンテナ

4放送の視聴に必要なアンテナは「左旋円偏波(させんえんへんぱ)」という種類の電波受信に対応したアンテナです。今使っているアンテナを交換する際には、これまでの放送も楽しみつつ、より高画質な映像を視聴できる「右左旋円偏波対応BSCSアンテナ」もおすすめです。このアンテナ1つで従来の放送に加え4Kから8Kも楽しむことができます。8K放送は周波数の高い電波に対応していないアンテナでは視聴ができませんが、4k放送では無料放送を中心に衛星放送(CS)、ケーブルテレビ、またインターネットなどでも放送がスタートしています。すべての放送に対応したアンテナに交換しておけばテレビの世界が益々広がります。

対応チューナー

テレビ放送電波を受信するには専用のチューナーが必要になります。チューナー内蔵テレビも登場していますが、かなり高額になっています。

チューナーを4kテレビ本体につなぐことは難しくありませんが、衛星放送を受信するためのアンテナは確実に素晴らしい映像を楽しむことができるよう、アンテナ専門の業者に設置を依頼することをおすすめします。

これまでのBSアンテナでは4k放送が見られない理由

「現在使用しているBSアンテナで4k放送見ることができないのでしょうか?」という質問を何回か
受けました。4k放送の視聴には2,224~3,224MHzの周波数が受信できるアンテナが必要ですが、
これまでのアンテナは、BSアンテナが1,032~1,489MHz、110度CSアンテナが1,595~2,071MHz
しか受信できません。4k放送では従来のBS・CS放送よりも高い周波数を必要とするため、これま
でのBSアンテナや110度CSアンテナでは電波を受信することができないのです。4k放送を視聴
するためには、これまでBSアンテナを使用している住宅でも対応アンテナへの交換工事が必要と
なります。工事に伴ってブースターや分配器の交換が必要になる場合があります。