アンテナの室内設置について

「テレビを視聴する」ためには、屋根の上など屋外に魚の骨のような形をしたアンテナ(八木式アンテナ)を設置することが一般的です。しかし環境的に屋外へのアンテナ設置が困難、手軽にテレビを見たいなどの理由から「室内アンテナ」を選ばれることがあります。気になる「室内アンテナ」についてみていきましょう。

室内アンテナと設置のメリット

人気の羽なし扇風機の高さを20cm程に縮めたスタイル、Wi-fiルーター。
皆さん、形を思い浮かべることができますか?これらはUHF,VHFに対応した室内に設置する地デジアンテナ「室内アンテナ」です。屋根の上に設置するアンテナと異なり簡単手軽に誰にでも設置が可能となります。「室内アンテナ」設置のメリットをあげてみましょう。

○手軽に設置できる

取り扱いが非常に楽になり、自分でも手軽に設置できるため、アンテナ本体の費用はもちろん工事費用を抑えることができる。

○家の外観、スタイルを邪魔しない
屋根の上に乗るアンテナの形がどうしても気になるという場合は、その景観を壊さない室内アンテナに魅

力を感じるかもしれません。部屋の中においても気にならない大きさ、フォルムです。

○環境の影響を受けない

屋外に設置されるアンテナは強風や豪雪といった悪天候の影響をダイレクトに受け、ひどい場合はアンテナが転倒したり、破損したりというケースもあります。室内アンテナの場合は地震、天候の影響に関しては全く心配がありません。また、電波の受信レベルが低いなどの問題が起きた場合も室内で対応できるのでメンテナンスに関しても対応がしやすいと言えます。

○アンテナが購入しやすい

室内アンテナはホームセンターやネット通販でも販売され、また1,000円から5,000円ほどと価格も手ごろで手に入れやすくなっています。また、サイズが小さいので持ち運びに困ることもありません。

室内アンテナのデメリットとは

室内アンテナのメリットには扱いやすさの項目が並びますが、テレビに肝心な映像についてはどうでしょうか?続けて室内アンテナのデメリットをあげてみましょう。

△電波レベルに波がある

屋外アンテナの様に電波のレベルが安定しておらず、昨日は普通に見ることができたテレビに今日は何も映らない、特定のチャンネルだけが突然見えなくなったなどと言ったトラブルが起きることがあるようです。電波の受信レベルが低い場合は、映像が乱れたり、ノイズが入ることもあります。

△電波を全く受信できないケースがある

屋内では携帯電話の電波が弱くなる、部屋によってはワンセグやフルセグが映らないなどという経験はありませんか?その様な部屋では、せっかく室内アンテナを設置してもテレビの視聴が全くできないこともあります。設置後の視聴が可能かどうかを設置前に確かめる方法がないので、購入した室内アンテナが無駄になってしまう場合も出てきます。

室内アンテナの設置、使用について

様々事情から、室内アンテナの設置が必要になったいう方もいらっしゃることでしょう。まずは室内アンテナのメリット、デメリットを把握することが必要です。設置、使用に関しては

  • ブースター内臓の室内アンテナを選ぶ
    室内アンテナは、どの方向からも電波を受信することができる「無指向性」のアンテナである一方、無指向性だからこそ電波の受信能力が低いとされています。多種多様の室内アンテナが販売されていますが、少しでも受信レベルを上げるためには「ブースター」が内蔵された室内アンテナを選ぶことをおすすめします。
  • 設置場所を選ぶ
低い場所に比べて高い場所の方が受信レベルが上がります。また、鉄線入りの窓ガラスは鉄線が電波を遮断するので、鉄線入りの窓ガラスの近くに置くのは避けましょう。
  • アンテナ専門業者に相談する
 設置を迷われている、設置してみたがテレビが上手く映らないなど、室内アンテナについて、設
    置場所、電波についてもアンテナのプロにご相談下さい。