いよいよ4k・8k放送開始

12月からBSで家庭向け4K・8K放送が開始され、大画面テレビでの映像がさらに美しく見られるようになりました。4K・8K放送では画質が繊細で迫力ある映像を楽しむことができますが、放送を楽しむためには専用アンテナ、4K・8K放送用チューナーなど環境を整える必要があります。またブースターなどの交換が必要になるケースもあります。4K・8K放送が始まったこの機会に「今さら質問できない」と尻込みしてよくわからないままにしていることから、どうしたら4K・8K放送を見ることができるのかをまでを簡単に見ていきましょう。

4K・8Kっていったい何のこと?

パソコンに表示される写真を大きくしていくと、正方形の点(ドット)が集まって画像を構成しているのが分かるかと思います。この時に画像を構成する点の数(密度)を表す数字を「画面解像度」と呼んでいます。4kや8kはこの「画面解像度」を表していて、4K(3,840×2160)は横に3840個のドット、縦に2160個のドットが並び、画面全体では829万4,400個のドットが並んでいることを示しています。3840がおおよそ4000であり、1000=1Kから4Kとされています。

  • HD (ハイビジョン) 1,280×1080
  • フルHD (フルハイビジョン) 1920×1080
・2K 1920×1080 又は 2560×1440
  • 4k 3840×2160
  • 8K 7680×4320

HDから8Kへと画面解像度の数字が大きくなる程、映像はきめ細かくきれいに表示されます。8Kはスーパーハイビジョンと呼ばれて解像度はハイビジョンの36倍。今まで1個の点であった物が36個の細かい点になるとわかると8k放送での映像の繊細さが想像できるかと思います。加えて4Kや8Kでは従来より広範囲の色を表現でき、色の明るさに関しても自然に表現できるようになったことから、静止画像から動きの速い映像までをよりなめらかに鮮明な映像で映し出すことができるのです。

4K・8K対応テレビでこれまでの映像もキレイに見えるの?

例え4Kや8Kに対応したテレビを購入しても2K(フルHDも同様)の動画は2K画質でしか表示できません。DVDを4Kテレビで見た場合解像度720×480しかないDVDを、3840×2160に拡大することになるので、画像に迫力を求めることには無理が生じます。Blu-rayになると解像度は1920×1080の2Kまで上がり、フルHDテレビでの視聴に適していると言えます。4Kの美しさ、迫力を最大限に発揮した映像を楽しむためにはにUltra HD Blu-ray の購入が必要となります。

新4K・8K衛星放送を楽しむためには

2018年12月1日から放送が始まった4K・8K放送を視聴するためには、4K・8K対応テレビの他、電波を受信する環境を整える必要があります。

専用アンテナ

4K・8K放送を視聴する場合は「左旋円偏波(させんえんへんぱ)」という種類の電波の受信に対応したアンテナが必要になります。アンテナを交換する際には、従来の放送も楽しみつつ、より高画質で楽しむために適している「右左旋円偏波対応BSCSアンテナ」もおすすめです。このアンテナ1つで従来の放送に加え4K8Kも楽しむことができます。8K放送は周波数の高い電波に対応していないアンテナでは視聴ができませんが、4K放送では無料放送を中心に衛星放送(CS)、ケーブルテレビ、またインターネットなどでも放送がスタートしています。この機会にすべての放送に対応したアンテナに交換することをおすすめします。

対応チューナー

テレビ放送電波を受信するには専用のチューナーが必要になります。チューナー内蔵テレビも登場していますが、かなり高額になっています。

テレビ、アンテナ、チューナーを揃えれば基本的に視聴ができますが、環境によってはブースター、分配器、ケーブルなどの補助機器が必要になるケースがあります。アンテナ工事のプロに依頼することで、4K・8K視聴のための的確な環境づくりができ、いち早く4K・8Kの素晴らしい映像を体験することができるのです。