コスパで選べばアンテナ?ケーブルテレビとの違い

新居の建築・購入予定のお客様から「地デジ見るためにはアンテナとケーブルテレビはどちらがいいでしょうか」と質問を受けることがよくあります。テレビを見るためには「テレビの電波」が必要で、電波の受信方法として

  • アンテナを設置する
  • ケーブルテレビなどに加入してケーブルを通して受信する

という選択肢がありますが、それぞれに特徴があって皆さん悩まれるところだと思います。アンテナとケーブルテレビによるテレビ電波の受診についてみていきましょう。

アンテナを設置した場合

「アンテナ」を設置した場合は、テレビ局が電波塔から送信した電波を直接受信します。その電波に対応したテレビをアンテナと接続すれば、テレビを見ることができるのです。地上デジタル放送、BS・CS放送と、受信の際に必要となるアンテナのタイプが放送の種類によって異なることもあるのでアンテナの設置には注意が必要です。

アンテナ設置のメリット

  • 初期費用以外のランニングコストは0円
    アンテナを設置するために工事代金が発生しますが、その後は面倒なメンテナンスもなく毎月無
    料で使うことができます。
  • 番組の録音が簡単できる
    アンテナを設置した場合は、DVDレコーダーやブルーレイなどの番組録画用ハードがあれば番組
    を録画することが簡単にできます。
  • インターネットプロバイダを縛りなく選択できる

アンテナ設置のデメリット

  • 初期費用が発生する
 アンテナ機器の費用、設置代金などが必要となります
  • 台風、大雨などでアンテナが破損した場合は修理交換に費用がかかる
  • 視聴の質は立地や天候の影響などを受ける場合がある
    アンテナレベルが低い場合には電波の増幅器(ブースター)が必要になる場合もあります。
  • アンテナによって家の見栄えを損ねる場合がある
    一般的なアンテナは屋根やベランダなど外から目立つ場所に設置するため、家の外観を損ねるこ
    とを気にされる方もあります。
  • インターネット回線は別に契約する必要がある

ケーブルテレビに加入した場合

ケーブルテレビはテレビ電波の送信元からそれぞれのケーブルテレビが電波を受信します。その後専用のケーブルを通して契約者が設置したチューナーへと送信され、そのチューナーにテレビを接続することでテレビ放送を見ることができるのです。ここでは受信電波に対応したテレビが必要となるため、アナログテレビで地上デジタル放送を視聴する場合は、デジアナ変換サービスを提供しているケーブルテレビ会社との契約が必要となります。

ケーブルテレビ加入のメリット

  • アンテナが必要ないため設置の初期費用がいらない
    ケーブルテレビへの加入料などがかかりますが、アンテナ設置に比べて初期費用は抑えることが
    できます。
  • 一般的な番組の他、スポーツや映画、子供向けなど専門的なチャンネルも契約をして視聴が可能になる
  • インターネットを別に契約する必要がない
    インターネットを経由してテレビを視聴するケーブルテレビはインターネット回線を別で契約する必
    要がありません。
  • 屋外に取り付ける機器がないので外観を損なわないことに加えて、遮へい物、悪天、立地の影響を受けずに安定した視聴ができる

ケーブルテレビ加入のデメリット
・毎月利用料が発生する

見ることのない番組や必要としないサービスの使用料が定額利用料に含まれている、契約によっ
ては急な引越などの場合に違約金の支払いが発生するケースがあります。

  • インターネットに関しての問題
    一般的なネット回線に比べると回線速度が遅い場合や混雑時に通信速度が低下する場合があり
    ます。高齢者の家庭でインターネットを全く利用しないにも関わらず定額料金にインターネットの使
    用料が含まれている場合は全くの無駄になってしまいます。

アンテナプVSケーブルテレビ

・初期費用の有無・月々の定額料金の有無、・インターネットの使用環境・提供されるサービスが必要であるかどうかなど、それぞれのメリットデメリットをよく見極めて、自分が必要としているサービスを無駄なく選択することが大切です。