テレビの配線とテレビアンテナ設置

お引越しをした時、テレビを買い替えた時、テレビを視聴するために自分でアンテナとの接続をしなければならない場面がありますよね。
そんな時、配線や仕組みを知らないと困ってしまいますが、特大サイズのテレビでなければ、業者を呼ばずとも、自分で接続ができるのをご存知ですか?
必要な時に備えて、テレビアンテナ設置と配線についてお話しします。

基本的なテレビの配線

テレビは一般的に、アンテナ→ブースター→分配器(テレビ2つ以上の場合)→テレビという配線になっています。

アンテナの接続

テレビのみでDVDやレコーダー類が無い場合

壁面アンテナ端子に直接繋いでください。

レコーダー類がある場合

アンテナケーブルを2本用意し、壁面アンテナ端子からレコーダーのアンテナ入力端子へ、レコーダーのアンテナ出力端子からテレビのアンテナ入力端子を繋いでください。
この場合チューナー付きのレコーダーであれば、壁面アンテナ端子への接続は不要です。

(アンテナケーブルとは、同軸ケーブルとも呼び、差込口の中心部にピンが立っています。)

これでテレビのみの視聴は可能になりました。

テレビとレコーダーの接続

テレビとレコーダー両方にHDMI端子がある場合

HDMIケーブルを用意し、テレビ側のHDMI入力端子、レコーダー側のHDMI出力端子を繋いでください。
(HDMIケーブルとは、従来の黄・赤・白のコンポジット端子に代わる、音声と映像を1本のケーブルで転送できる新しい規格のケーブルで、最新のテレビではすでにコンポジット端子は廃止されています。
ケーブル1本で済むので「映像は映るけど音は鳴らない」といった事態が回避でき、家庭用として扱いやすいです。)

従来のコンポジット端子のみの場合

黄・赤・白3色のAVケーブルを用意し、映像端子に「黄」、音声(右)端子に「赤」、音声(左)端子に「白」を繋いでください。

これでテレビとレコーダーの接続は終わりました。

テレビアンテナの設置

壁面アンテナ端子は、家や建物に取り付けられているアンテナから電波を受け取っています。
アンテナの設置に関しては、業者依頼する場合と、自力で設置をすることもできますが、それぞれ注意点もあります。
業者依頼する場合はすべておまかせすれば良いので、自分で知識を得る必要が無く、手慣れた作業者が取り付けを行うので万が一の事故の心配もありません。
その代わりに、依頼料金やその他手数料がかかり、料金が高くついてしまいます。
自力で取り付けを行う場合は、高所での作業や、知識がなく失敗してしまう場合のリスクを考える必要があります。
依頼金額の相場としては、受信したい放送電波によっても違いますが、地上デジタル派アンテナの相場は1~2.5万円、BS/CSアンテナは1~3.5万円で、ブースターの取り付けに1~1.5万円、調整・点検は3000円~8000円程度です。

よくあるテレビのトラブルと対策

電波障害

現在ではスマホや携帯電話による700MHz帯の電波の使用が始まっており、これはテレビの地上デジタル放送波と同じ電波帯です。
家庭や施設によってはテレビ映像が乱れたり映らなくなることがあります。その事例がある地域には携帯電話会社から無料点検・工事の通知が来るので、指示に従ってください。これらは一切費用を請求されるものではないため、関連のない会社には注意してください。

配線間違い・接触不良

配線が間違っている場合はきちんと直し、専用のアンテナケーブルで接続をする必要があります。ホコリなどで汚れていたり詰まっていないかもしっかりと確認してください。

アンテナの向きがずれている

アンテナの向きを正す必要があります。指向性が高く素子数が多いアンテナではわずかなずれでも映らなくなってしまうことが多く、調整が必要になります。

テレビに関して正しい知識を持っておいて、いざという時のために備えておきましょう。