テレビ視聴のためのチューナーの設置・選び方

いよいよ地上デジタル新4K・8K衛星放送が始まりましたね。
従来の地上デジタル放送、BS・110度CS衛星放送に加え、さらに高画質で鮮やかな映像を楽しめます。そんな4K8K放送を楽しむためには、対応しているテレビチューナーが必要です。とても身近なものですが、チューナーは電波を拾う独自の仕組みをしっかりと持っているのです。テレビ視聴に必要な機材の解説とともに、チューナーの設置や、選び方のポイントについてご紹介します。

アンテナとチューナー

アンテナは、空間に放たれている電波を受信しています。
テレビ放送波で使用されている電波帯は弱いので、電波を集めやすいよう、針金状のものや、お椀のような円形状のものがあります。
チューナーは、フィルタという回路を通してアンテナで受信した電波の中から必要な電波帯だけを抽出して、利用できるようにしています。
地上デジタル放送に完全移行してからは、数値的な情報に変換された電波を、元の映像に復元しテレビ画面に送る、という機能も付けられました。

テレビ視聴に必要なもの

テレビの視聴に必要なものは、

  • UHFアンテナ
  • チューナー
  • 地上デジタル対応受信機(テレビ、パソコン等)

この3点です。
ケーブルテレビで見る場合アンテナは不要で、ケーブルテレビの回線と接続します。
現在は地上デジタル放送、BS衛星放送、110度CS衛星放送どれも対応している3波共用の受信機が増えています。
放送波によって使っている電波帯が違うので、アンテナやチューナー、受信機はそれぞれの放送波の受信に適したつくりになっています。

チューナーを選ぶポイント

受信機側にチューナーは内蔵されているか?

テレビアンテナのみを設置しても、そのままでは使用しない電波も拾ってしまうので、テレビを視聴することができません。チューナーが必要になりますが、受信機側についているものであれば、追加購入する必要はありません。

見たい番組に対応しているチューナーか?

チューナーにも地上デジタル放送のみのものと、BS/CS衛星放送対応のものがあるので、普段どんな番組を視聴したいかも大事なポイントになります。4K/8K放送に関しても、対応している規格のものを導入しないと、放送を見ることができません。

予算はどのくらいか?

機能が豊富で汎用性が高くなるとともに値段も上がっていきます。
地上デジタル放送のみ、地上デジタル放送と衛星放送対応のもの、設定など不要なままパソコンにも接続できるもの、ハードディスクレコーダー付属しており録画までできるもの、などさまざまですが、予算と目的に応じて決めると良いでしょう。録画環境まで検討しているのであれば、ここで高機能なものを揃えておいた方が安く済むかもしれません。

テレビ番組の録画をするか?

たとえば、ハードディスクレコーダーで録画をしながら別の番組を視聴したい、となると2つの番組の電波を抽出して受信する必要があるので、チューナーは2つ必要です。
録画を2番組同時に行い、さらに別の番組を見たいとなると3つ必要です。ハードディスクレコーダーに内蔵されている場合もあるので、良く調べて必要な数設置しましょう。

不要になったチューナーは…

お引っ越しや買い替えで、テレビ視聴の環境を見直す方も多いのですが、その際に不要になったチューナーがあれば、捨ててしまうのは勿体ないです。
Wi-fiなどの無線LANインターネット回線があれば、余った地上デジタルチューナーと組み合わせて地上デジタル放送の視聴環境を新たに作ることができます。
スマホ、タブレットで専用のテレビアプリを使えば、テレビに早変わりです。すでに持っている機器でテレビが見られたら少し嬉しいですよね。