ブースター(増幅器)って?

テレビの位置を変えたけど、前のようにきれいな画面で映らない、と感じたことや、もっと鮮明な画面でテレビが見たい、と思ったことはありませんか?
実はブースター(増幅器)という、テレビ電波受信の強い味方となる機械があるのです。
うまく使用すれば画面の乱れがなくなり、快適なテレビの視聴が行えます。どんなものなのか、紹介していきたいと思います。

ブースター(増幅器)って?

ブースターとは、地上デジタル放送波、BS/CS放送波の信号を増幅し、より鮮明な画面でテレビを視聴することができるようにするものです。
アンテナの受信可能範囲を超えた場所での視聴や、ケーブルや分配器を使うことによる電波の劣化に対応し、電波の強度を高めることができます。

複数台のテレビを設置する時、多くの場合分配器を使いそれぞれへ電波を送りますが、分配器を使わないときの電波より弱いものになってしまいます。
これを分配損失といい、テレビにノイズが入り、映りが悪くなってしまうので、補助としてブースターを利用します。電波をそれぞれの機器が必要な強さまで増幅・維持させる効果があります。

屋外型と屋内型の違い

ブースターは、屋外型と卓上型の2つに分けられます。

・屋外型ブースター
アンテナの近くに設置する為、電波の増幅率が最も良いです。
アンテナ近くにブースターを設置する工事が必要なので、アパートなどの集合住宅などでは許可が下りないことが多いです。設置は基本的に専門業者を呼び、屋根の上などアンテナが設置されている場所での工事となります。

・卓上型ブースター
テレビの近くに設置して使用します。家庭内で複数テレビを使用している場合は卓上型がよく使われています。
設置の仕方や故障の際の取り外し・交換も比較的簡単で、気軽に設置できます。
高性能で使いやすい卓上型ブースターも増えてきましたが、アンテナからの電波が微弱すぎる場合、十分に増幅ができません。

ブースター選びのポイント

ブースターを選ぶ時に悩んでしまいますが、注目するとよいポイントは「雑音指数」と「利得」です。
雑音指数とは、増幅回路における信号と雑音の比率の値のことで、音に対して雑音の混じり度合いと考えるとわかりやすいです。値が低く、より1に近いものが高性能を示しています。表示上で1を下回ることはありません。
利得とは、受信信号の増幅を表した数値のことで、数値が大きくなるほどテレビを鮮明に映すことができます。
屋外型・屋内型があるので設置場所を考え、BS/CS放送も見ることができる設定のご家庭の場合、対応しているかもよく確認してください。

ブースター使用時によくある間違い

  • テレビの映りが悪いからと言って、安易にブースターを複数設置し、出力レベルを上げてはいけません。
    電波が必要以上に増幅され余計に悪化してしまうことや、機材に負荷がかかりすぎて故障する可能性も出てきます。適正レベルまで増幅された信号の入力が必要です。

     

  • 「異常発振」が起きる可能性もあり、これは異常電波が起きて使用中の電波が混信することを指します。
    性能の悪いケーブルを使用し、入出力ケーブルを一緒にして束ねた時や、アンテナとブースターを近づけた時に正しい方向へ信号が流れなくなることが原因となります。
    入出力ケーブルをまとめて束ねず、アンテナとブースターは必要以上に近づけないことを心がけてください。

12月から導入される4K8K放送では高帯域まで電波を使用しているため、異常発信が起きると特に負荷がかかりやすく、テレビ本体やアンテナに障害を与える可能性が高いので注意が必要です。

ブースターについてよく知っておき、突然テレビが映らないなどのトラブルにも対応できるようにしたいですね。