4K8K放送で何が変わるの?

4K8Kの実用放送の開始にともない、地上デジタル放送へ切り替わった時のような期待とともに、わからないことも多いですよね。
そもそも4K8Kの「K」とはどんな意味なのでしょうか?
そして、すでに放送されている4K放送とどこが違うのでしょうか?
そこで今回は、4K8K放送の詳細や、必要となるアンテナやチューナー、ブースターなどについてポイントを押さえていきたいと思います。

そもそも4K8Kの「K」とは?すでに放送されている4K放送との違いは?

「K」というのは解像度数のことを意味していて、現在一般的なフルハイビジョンテレビの場合は1080×1920の画素数=解像度(=これを1とする)だったのに対し、4Kはその4倍、8Kはその8倍細かく鮮明に解像できるということになります。
4K対応のテレビは既に発売されいるのでお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は8Kのテレビも発売されており、実用化への準備はほぼ整っている段階と言えそうです。

4K放送は始まっていますが、まだCS放送に限定されておりほとんどのコンテンツが有料となっています。それに対し、4K8K放送の実用化が始まると一部の放送を除いてすべてが無料になるというのが大きな違いです。
放送済みのコンテンツでも、ケーブルテレビ会社によっては再放送も検討しているということですから、見逃した方でも十分に楽しむ機会は訪れるでしょう。

解像度が上がって得られるメリットは、使える色の範囲が広がりより自然に近い色合いになる点です。
そして動きの速い映像に対して遜色なく再現できるというのが最大のメリットになります。
オリンピックなどの大きなスポーツの大会で見られるパブリックビューイングが、家庭でも見られるようになるというわけです。

では、アナログ放送から地上波デジタル放送へ切り替わった時のような大規模な買い替えなどの準備は必要なのでしょうか?
4K8LK放送を楽しむために準備しておいた方が良いことについて考えておきましょう。

4K8K放送を楽しむために必要な準備とは?

新しいアンテナやチューナー

すでに始まっている4K放送の衛星を利用して電波を飛ばすことになるので、今4Kを視聴されている人はそのまま使えそう・・・に見えますが実はそうではありません。
というのも、実用化にともない大幅にチャンネル数が増えることから、現在4K放送に使われている電波の波形とは違う波形で飛ばすという案が採用されました。
そのため、その新しい電波を受け取るには違うアンテナが必要になります。。
現在CS放送の4Kを楽しんでいらっるご家庭では、アンテナを交換する、あるいは新たにブースターが必要となります。

専門的な話になると、CS放送で採用されていた4K放送では右回転の波形だったのに対し、今回一般に実用化される4K8K放送に採用されるのは左回転の波形になります。
その結果として受け取るアンテナの環境も変わってくるというわけです。

4Kまたは8K放送対応のテレビの機種

当然といえば当然ですが、受け取る電波も変わりますのでテレビ自体もその解像度に対応できるだけの能力が必要になります。
ただし理解しておいていただきたいのは、「地上波デジタル放送が4K8K放送に変わる」のではなく、「地上波デジタル放送で4K8K放送に対応できるようになる」という点です。
より鮮明な画像でテレビを楽しみたい人はアンテナやテレビの交換が必要となりますが、従来の放送は引き続きあります。
アナログ放送終了の時のようにテレビがあるのに映らないということにはなりません。

アンテナやテレビの買い替えに最適な選択は?

今の視聴環境はそれぞれのご家庭で様々ですので一概には言えませんが、既にCS放送で4Kを視聴されていてさらにチャンネル数を増やしたい場合には「右左旋円偏波対応」のアンテナもあります。
他にも周波数と立地条件の関係で最適な電波環境には違いがあります。
場合によってはアンテナ以外の機器もそろえる必要があるかもしれませんので、余計な買い物をしなくて良いように、また足りないものがないように専門業者に相談してみましょう。