テレビアンテナの種類と工事・修理

4K8K放送に向けて、新しいアンテナを取り付けたい!と思っても、どこに連絡して、どういう契約をすればよいのかわからない…。見たいテレビ番組があるのに、急に画面が映らなくなっていて、これって自分で直すことができるのか、分からないという悩みはありませんか?
テレビのことって身近であるからこそわからないことも多いですよね。必要になった時のために、アンテナについてご紹介します。

アンテナの種類

テレビのアンテナは大きく分けて2種類あります。BS/CSの衛星放送向けのものがパラボラアンテナ、地上デジタルUHF帯向けのものが八木アンテナと呼ばれています。
パラボラアンテナは丸形、八木アンテナは棒の形をしていて見かけは全く違い、指向性が高く、それぞれが得意としている電波を拾うのに特化しています。

アンテナは業者に依頼する?自分で付ける?

業者に依頼することを想像する方も多いと思いますが、自分で取り付けることもできます。

≪業者依頼する場合のメリット≫

  • 特別な知識が不要
  • 品質保証がある業者が多いため、トラブルがあっても修理費用が抑えられる
  • 専門知識を持った業者に依頼するので安心・安全

≪デメリット≫

  • アンテナ自体の費用だけでなく依頼料金・出張料金などがかかる

≪自分で取り付ける場合のメリット≫

  • とにかく安く、最低限の金額で済む!
  • アパートやマンションであればベランダに取り付けるので、比較的簡単

≪デメリット≫

  • DIYに慣れていないと迷う可能性がある
  • 高所の場合は危ない
  • 必要な機材や道具を自分で揃える必要がある

手先が器用であったり、DIYが出来る方がいれば、ご自身でチャレンジしてみるのも良いでしょう。

アンテナ工事にかかる金額の相場

アンテナ設置工事を業者依頼する場合、受信したい放送電波によっても変わり、地上デジタルUHF帯アンテナの相場は1~2.5万円、BS/CSアンテナは1~3.5万円といわれています。
さらに電波が届きづらいなどの問題があれば、ブースターの取り付けに1~1.5万円、トラブルによる調整・点検のみの料金で3000円~8000円程度が相場です。

アンテナを自前で取り付ける場合、知識は必要になりますがマンション向けのBS/CSアンテナであればアンテナセット・ケーブル・電波チェッカー・モンキーレンチ等を揃えて約1万円程度です。
DIYを普段から行う方なら、新たに工具を揃える必要はないかもしれませんし、スマートフォンのアプリにも電波をチェックできるものがあるので、1万円から半額の5千円程度に抑えることができます。業者に依頼する場合の2倍以上も金額が違ってきます。

アンテナのトラブル?

普段見ているテレビの画面が途切れ途切れに表示される、画面が黒いまま、ということがあれば、アンテナのトラブルを疑いましょう。

原因事例

  • 配線不備、もしくは配線コードの劣化
  • 台風や自然災害でアンテナが破損している
  • 近隣に電波の障害物ができた

アンテナを自分で取り付けてしばらくの間テレビが見ることができていたのに、映らなくなった…という場合は一度業者に連絡して相談してみるのが良いでしょう。
高所のアンテナをご自身で無理して調べようとして、怪我をしてしまう事例もあるので、点検のみを定期的に業者に依頼する、という方法もあります。

4K8K放送開始に向けて

2018年12月より、「新4K8K衛星放送」が始まります。最先端の技術を用いており、従来の品質と比べて約4倍~16万倍の規格と言われており、東京オリンピックではこの4K8K放送による中継が増える予想がされています。
今までの放送電波は、電磁波の回転方向が時計回りの電波(右旋円偏波)を使っており、新4K8K衛星放送は、左回りの電波(左旋円偏波)も使用します。
全ての4K8K放送を視聴するためには、両方向の電波へ対応しているアンテナ、テレビ端子などへの交換が必要です。混み合わないうちにアンテナの交換や追加を検討してみてはいかがでしょうか?