アンテナによるブロックノイズの対処法

ブロックノイズとは


アンテナ工事をした後に、トラブルが発生することがあります。
いろんなトラブルがありますが、ブロックノイズもその一つです。
テレビを見ているときに突然、四角いモザイクのようなものが画面に表示されたときはブロックノイズです。
ブロックノイズは電波の受信に不具合があるときに発生します。
接続している電波の受信レベルが低下するとブロックノイズが発生しますが、確認する方法としては全チャンネルにも影響が出ているかどうかです。
電波不足が原因であれば音声や解像度にもトラブルが発生するため、それらも確認してください。
また、同軸ケーブルの接続部分も確認しましょう。
特定のチャンネルだけブロックノイズが発生している場合は、ケーブルの接触不良が原因である可能性が高いです。
そのほかには、分配器やブースターのトラブル、受信用カードの挿入不具合も考えられます。
このようなブロックノイズの対処法を知っておくと、焦らずに対処することができるはずです。

ブロックノイズの原因は電波不足?


ブロックノイズの発生原因が電波不足であれば、電波を増幅するブースターを使用すると対処することができます。
テレビのリモコンでアンテナ設定を確認してみてください。
電波が低下しているかどうかを確認することができますが、実際にはアンテナレベルに問題がないと表示されていても、電波不足になっていることも少なくありません。
アンテナ工事業者に電波不足であるかを調査してもらうと安心です。
また、どのブースターでも良いというわけではありません。
テレビのタイプによって適切なブースターが異なります。
屋内用のブースターは簡単に設置できますが、ブロックノイズが改善されないことがあります。
屋外用ブースターは自分で設置することができないため、アンテナ工事の業者に依頼してください。
電波不足に問題がない場合は、アンテナそのものが故障していることが考えられます。
アンテナの方向を調整したり、アンテナ自体を交換しなければブロックノイズが改善されません。
アンテナそのものの修理は、専門知識と経験が豊富なアンテナ工事業者に依頼することをお勧めします。