地デジアンテナの電波障害で確認すること

地デジアンテナの電波障害


地デジアンテナを設置した後に、電波障害は発生することも少なくありません。
アンテナはデリケートです。
何かの拍子でトラブルが起きてしまいます。
地デジアンテナの電波障害が発生した時に、焦らず適切な対処をすることが大切です。
まずは、電波障害が発生した原因を突き止めましょう。
接続や機器の状態を確認してみてください。
そもそもの電波障害の原因がテレビや機器の故障であれば電波状況を確認しても改善することはできません。
電源を入れたり、切ったりして正常に作動するのかといった確認やケーブルの配線など基本的な部分を見直してください。
基本的な部分に異常がなければ、アンテナの状態を確認します。
アンテナの方向がずれてしまい、電波を受信できないことも少なくありません。
アンテナの向きがスカイツリーなどの送信所の方角に向いているかを確認してください。
強風や豪雨などの影響を受けてアンテナの方向がずれてしまったり、故障する可能性があったりするため注意が必要です。

電波障害の原因について


周囲の環境が変化していないかどうかも確認してみてください。
自宅周辺に大きな木や建物が突然建てられると、電波障害が発生しやすいです。
それは、電波が遮断されてしまい、受信レベルが低下してしまうからです。
また、水田や湖による影響もあります。
水面が電波を反射すると地デジ放送に影響を与えることがあるのです。
障害物や水面による電波障害は、アンテナの位置を調整すると解決するでしょう。
電波の送信所と自宅が離れている場合は、電波の混信が起こりやすいです。
それは、アンテナが複数の放送局から電波を受信した時、それぞれの電波が重なってしまい電波障害が発生してしまうからです。
近くに放送局が新しくできた時は電波の混信の可能性が高いと言えます。
この電波障害は、複数の電波を受信しないようにアンテナの角度や高さを調整することで改善できるはずです。
電波障害はどの家庭にも発生する可能性があります。
近所に同じ電波障害が起きていないかを尋ねることも大切です。
電波障害を改善できない場合は、アンテナ工事の専門業者に相談することをお勧めします。