アンテナレベルを上げる方法とは

アンテナレベルの低下には様々な原因がある


アンテナ工事をした後、突然、テレビの映りが悪くなったというトラブルが発生した人もいるのではないでしょうか。
そのトラブルの原因は、テレビのアンテナレベルが低下しているからかもしれません。
アンテナレベルが低下する原因もいくつか考えられます。
原因によって対処法が異なるため、アンテナレベルが低下する原因と対処法について知っておきましょう。
まずは、アンテナレベルを確認してください。
テレビ画面で確認することができます。
一般的にはアンテナ設定などの項目で確認することが可能です。
アンテナレベルの目安もメーカーによって違うため、説明書で確認しましょう。
アンテナレベルが低下する原因の一つは、周囲に高い建物や木がある、台風などの強風でアンテナの向きが変わったことが挙げられます。
スカイツリーなどの送信所からの電波を邪魔するような大きな障害物があると、受信状況が低下したり、大雨や強風によってその時だけ受信レベルが低下したりすることがあるのです。
天候が良くなってもテレビの映り具合が改善されない場合はアンテナの向きが変わった可能性が高いです。
アンテナ工事の業者にアンテナの向きや設置場所の調整をしてもらってください。

ケーブルが原因


ケーブルにトラブルが発生していることもアンテナレベルが低下する原因です。
例えば、ケーブルの接続方法が間違っていたり、ケーブル自体が損傷していたりするなどが挙げられます。
ケーブルを確認し、損傷していないかもチェックしてください。
途中で折れ曲がっていたり、切れそうになっていたりする場合は断線しているかもしれません。
ケーブルを取り替えるなどの対処が必要です。
特定のチャンネルだけ受信レベルが低かったり、画面にモザイクのようなものが入っている場合は、テレビとアンテナの距離に問題があったり、3台以上のテレビに分配器を使用していると電波が弱くなることがあります。
そのような場合にはブースターを使用することで、安定した受信ができるようになるでしょう。
アンテナレベルの低下原因がわからなかったり、何をしても改善されなかったりする場合はアンテナ工事の業者に相談することをお勧めします。