アンテナ設置による混合、分配、分波について

アンテナを設置するだけではテレビは見れない


アンテナ工事には様々な専門用語が出てきます。
初めてアンテナ工事をするという人は、聞きなれない専門用語に戸惑うこともあるのではないでしょうか。
似ている専門用語もあります。
混合や分配、分波といった言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。
アンテナを設置するとテレビが見れるというわけではありません。
混合器や分配器、分波器を適切に使い分けることが大切です。
混合器は、異なった電波を一つのケーブルにまとめる機器です。
例えば、設置場所が異なる二つの地デジアンテナで受信した電波を混ぜ合わせます。
二つのアンテナが地デジアンテナでなくても問題ありません。
地デジアンテナと衛星アンテナでも一つに混合することが可能です。

混合器、分配器、分波器を使い分けよう


基本的に一本しかケーブルを通すことができないため、外側で一本のケーブルにまとめることが重要なポイントです。
一本にまとまったケーブルは住宅内の屋根裏や浴室へ通しますが、そこには分配器と呼ばれるアンテナケーブルのタコ足があります。
分配器から各部屋の壁の中の配管を伝ってケーブルが繋がっているのです。
電波を割ることになるため、割る数が多ければ電波が弱くなります。
分配数によってブースターが必要になることもあるでしょう。
壁の中ではテレビ端子まで繋がっていますが、地デジの電波とBSやCSの電波が一緒になってケーブルを流れています。
テレビ裏の差し込み口を見ると、地デジ用とBS・CS用と分かれているため、次は地デジの電波と衛星放送の電波を分けなければなりません。
そこで、分波器を使います。
端子からきた電波を、分波器を通して地デジと衛星放送に分け、テレビまで繋がるように配線をする必要があるのです。
このように、テレビを見るためにはアンテナを設置するだけでなく混合器や分配器、分波器を適切に使うことが重要なポイントになります。
仕組みを知っていても、実際に配線をするとトラブルが発生したり、うまくテレビが映らなかったりすることも少なくありません。
アンテナの設置も適切に行わなければならないため、自分では難しいです。
アンテナ工事業者に依頼すると、快適にテレビが見れます。