BSアンテナを地デジアンテナとセットで工事するメリットとは

地デジアンテナとBSアンテナを一緒に工事するメリット


新築住宅を建てた時、地デジを視聴するためにアンテナ工事をします。
BS番組が好きな人は悩まずBSアンテナも設置しますが、そうではない人はBS放送を視聴するかわからないため、とりあえず地デジ用のアンテナだけ設置しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、地デジアンテナと一緒にBSアンテナも工事した方が、メリットがあります。
アンテナ工事をした後に後悔しないように、BSアンテナも一緒に工事するメリットについて知っておきましょう。
BSアンテナと地デジアンテナを一緒に工事することは費用や手間が単体工事よりもメリットがあります。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてBS放送も視聴できる状態にしておくのも一つの方法ではないでしょうか。

BSアンテナは後回しにしてはいけない


一般的には、BSアンテナを単体で工事する場合、地デジアンテナと一緒に行う工事よりも手間と費用がかかりますが、一緒に行うことで電波調査や設置場所の判断などまとめて行うことができるのです。
それぞれ別に工事をすると、出張費や作業費などが重複して発生するため、1万円以上は余分にかかってしまいます。
実際にBSアンテナを設置している世帯の割合は平成28年時点で71.7%だとされています。
念のために設置しているという人が多いのかもしれません。
例年、オリンピックやパラリンピック、ワールドカップが近づくと地デジアンテナとBSアンテナを一緒に工事を依頼する人が増えます。
アンテナ工事の際に、今は見たいBS放送がなくても今後のイベントに備えてアンテナを設置してみてはいかがでしょうか。
アンテナ工事をするタイミングは新築住宅を建てるときなどですが、引っ越しに忙しくBSアンテナは後から考える人も少なくありません。
しかし、工事費用や手間を考えると地デジアンテナと一緒に工事した方が、メリットがあるため、BSアンテナを後回しにせず、地デジアンテナと一緒に工事してもらうことをお勧めします。
BSアンテナや地デジアンテナは様々な種類があります。
適切なアンテナを選ぶためにも、業者に相談してみてはいかがでしょうか。