新築アンテナ工事のポイントとは

新築アンテナ工事におけるポイント


新築住宅はアンテナ工事をしなければ、テレビを見ることができません。
これから新築住宅を建てる予定のある人はアンテナ工事について知っておきましょう。
新築アンテナ工事には3つの重要なポイントがあります。
ポイントの1つ目は、測定器を使用して電波調査を線密に行い、引き込みまで配線ルートを考えてアンテナの設置場所やアンテナ部材を選定することです。
自分でも電波調査を行うことができますが、正確に測定するために業者に依頼してください。
業者に依頼すると最新の測定器を使用して電波調査をします。
また、テレビ用配線の大元の同軸ケーブルの外から引き込み部分とアンテナ設置場所が近い場合もあれば、反対に遠い場合もあり、アンテナの設置場所、部材、配線ルートを決定することでアンテナ工事金額も決定されるのです。
追加工事が必要にならないようにするためにも、業者に見積もりを依頼する前に現地調査をしてもらいましょう。

防水配線と料金


防水接栓など細かい箇所をおろそかにすると風や雨の弱点になります。
アンテナ設置場所の壁面と配線を固定するサドル部分などビス留め部分には全て防水にしてもらいましょう。
アンテナの屋外設置の場合は防水接栓を使用して配線工事をしてもらうことをお勧めします。
防水接栓を使用せずにアンテナ工事を行うと、工事から数年後にトラブルが発生する可能性があるのです。
防水接栓を使用していない業者もあるため、業者にアンテナ工事を依頼する際は、防水接栓を使用するかどうかや料金についての確認をしてください。
ポイントの3目は、料金についてです。
新築アンテナ工事を行う上で、料金について一番気になっている人もいるのではないでしょうか。
現地調査を行わなければ見積もりを依頼することができません。
電話だけで見積もりをしてもらうと、当日に追加工事が必要になり、見積もり金額よりも高い額を請求されることがあります。
工事内容と料金が適切であるかどうかを確かめるためにも、現地調査をしてもらい、見積もりの詳細をしっかりと確認しましょう。