アンテナのブースターで注意すること

ブースターの注意点


アンテナ工事の際にブースターを設置しなければテレビが映らないことがあります。
テレビアンテナのブースターとはアンテナで受信した電波を増幅する機器のことです。
アンテナ工事をしてからトラブルが発生しないように、ブースターの注意点について知っておきましょう。
まず、ブースターには地デジ用と旧BS用、新4K8K対応BS用の3種類があります。
地デジ用は、各部屋に電波を分けた時など正常に地上デジタル放送を見るための受信レベルを確保できない場合に使用する機器です。
正常に電波が受信できないと、ノイズが発生したり、画面が映らなかったりします。
旧BS用ブースターは、BS放送の電波を増幅する機器ですが、地デジ放送の電波も増幅する混合ブースターを使用することで、1台で両放送の電波を増幅することができますが、地デジブースターと性能も異なるため、アンテナ工事の際に注意が必要です。
新4K8K対応BS用は、これまでのBSアンテナの電波に加えて2018年に本格的に実用放送される4K8K放送の電波を増幅するための機器となります。
これまでのブースターとは性能も価格も異なります。
また、4K8K対応のBSアンテナを設置しても旧BS用のブースターを使用していれば、4K8K放送の電波を増幅することができません。
それぞれの状況に応じて適切なブースターを使用することが大切です。

業者に依頼する前に確認すべきポイント


ブースターを使用するかしないかでアンテナ工事費用は大幅に変わってきます。
アンテナ工事業者に相談し、ブースターが必要か否かを判断してください。
その際には、地デジだけでなくBSの電波も増幅する混合ブースターを使用するかどうかの確認が必要です。
また、4K8K対応のBSアンテナの設置費用を比較する際には、これまでのBS用ブースターではなく、新4K8K対応BS用のブースターが含まれている値段かどうかも確認しましょう。
4K8K対応BS用の電波発生器や電波測定器を使ってブースターが必要であるかを正確に判断できる業者に依頼すると安心です。
これらの注意点をおさえた上で、アンテナ工事業者に相談してみることをお勧めします。