アンテナ工事費用の相場とは

アンテナ工事の費用相場


アンテナ工事を業者に依頼する際に、費用相場が気になる人も多いのではないでしょうか。
アンテナ工事業者によって費用はそれぞれ異なります。
5000円としている業者もあれば7、8万円の価格表記まで大きな価格差があります。
見積もりを依頼すると正確な費用がわかりますが、依頼する前に相場を知っておくことは大切です。
一般的な新築一戸建て住宅のアンテナ工事を例に費用相場をみていきましょう。
埼玉県の地デジアンテナ工事の施工例の一つに、費用が3万2500円とあります。
設置したアンテナは八木式アンテナ20素子、2つ以上の部屋で視聴するためブースターを設置しました。
アンテナ工事にかかる費用に、作業代や配線工事、ブースターが含まれているかどうかがポイントです。
安い料金を提示するアンテナ工事業者は、アンテナ本体のみの価格表示である場合が多い傾向にあります。
または、すでにアンテナが設置されている住宅への追加工事、電波状況が良い場所の工事、ブースターが不要な工事の価格表示である可能性も考えられるでしょう。
できるだけ安くアンテナ工事を済ませたいものですが、安すぎる業者には注意してください。

ブースターや分配器は高くなる


八木式アンテナの価格が安いからといって、デザインアンテナや屋根裏に設置するアンテナも安いというわけではありません。
特に、屋根裏に設置する場合は単にアンテナを置いて配線を繋げればテレビが映るというわけではないため注意してください。
分配器というアンテナで受信した電波をテレビが見られる部屋全てにほぼ平等に振り分けする機器をお風呂の天井などに配線工事が必要です。
配線状況や分配器の位置との兼ね合いで、アンテナ工事業者によっては断るケースもあります。
また、料金も高くなることもあるため、まずは現地調査を依頼して見積もりを出してもらいましょう。
ブースターや分配器などを設置する場合は、費用が高くなるため表示されていた価格よりも高額になることも少なくありません。
戸惑ってしまいますが、費用には何が含まれているのかを確認し、適切な費用であるかを見極めることが大切です。