アンテナの耐久年数について

アンテナには耐用年数がある


アンテナは一度設置すると、一生使用できるものだと勘違いをしている人が少なくありません。
アンテナにも耐用年数があり、その耐用年数も設置場所や設置状況によって異なります。
これからアンテナ工事をする予定のある人は、アンテナの耐用年数について知っておきましょう。
一般的に、アンテナの耐用年数は10年だとされています。
しかし、中には10年以上トラブルなく使用している人もいます。
そのため、アンテナにトラブルが発生した原因を使用期間だけで判断することは困難です。
破損や劣化は設置場所の環境や、アンテナの種類によって異なります。
また、使用状況や設置場所によっても劣化するスピードが異なるのです。
例えば、高温な場所にアンテナを設置すると劣化しやすい傾向にあり、特に、長時間日光に当たる場所はアンテナが劣化しやすくなります。
反対に極寒な場所でも劣化しやすいです。
雪が降る地域はアンテナの劣化も早く、雪の重みでアンテナが折れてしまうこともあります。
特に、屋根の上に設置する八木式アンテナは雪が積もりやすいため、デザインアンテナは室内用アンテナを検討してみてください。

メンテナンスをすると長持ちする


風や雨でもアンテナは劣化します。
台風などの強い風、雨はアンテナを破損させてしまう可能性があり、一回の台風で破損することもあれば何度も台風を受けて劣化が進行する場合など様々です。
海に近い地域に住んでいる場合は、海風の影響も受けるでしょう。
海風はアンテナを錆びさせ、劣化を早めます。
普通の風や雨が避けられる場所にアンテナを設置したり、屋根裏に設置したりした方がいいかもしれません。
屋根の上に設置する八木式アンテナより長持ちするでしょう。
このように、住む環境によってアンテナの耐用年数は異なります。
一生同じアンテナを使い続けることはできませんが、定期的にメンテナンスを行うことで長持ちさせることが可能です。
メンテナンスはアンテナ工事の専門業者に依頼しましょう。
また、テレビが映らないときはアンテナの寿命の可能性があるため、アンテナ工事の専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。