アンテナ工事にかかる時間とは

アンテナ工事の時間について


これからアンテナ工事を依頼しようと考えている人もいるでしょう。
費用も気になりますが、アンテナ工事にかかる時間についても気になるものです。
初めてアンテナ工事を依頼するという人はスムーズに工事を進めるためにも、アンテナ工事にかかる時間を事前に把握しておくことをお勧めします。
アンテナ工事の業者に問い合わせると、まず初めに現場調査をすることが一般的です。
状況によって異なりますが、1時間程度で終わるでしょう。
現場調査ではアンテナを設置する場所の確認や近隣の状況、アンテナの種類が設置する場所に適しているかどうか、電波の受信状況を確認します。
素人では適切な判断ができないため、必ず業者に現場調査をしてもらうことが大切です。
現場調査や見積もりが終わった後は、アンテナ工事が実施されます。
設置するアンテナの種類、場所によりますが一般的には地デジもしくはBS、CSアンテナの設置には2時間から3時間程度かかるでしょう。
しかし、築年数の高い住宅は予想以上に時間がかかる場合が多いです。
1時間ほど余分に時間配分をする場合があります。

時間に余裕を持って依頼しよう


アンテナを設置した後は電波のレベルを測定します。
電波が弱い場合や強すぎる場合は対応が必要になるため、時間が少しかかるでしょう。
また、電波が弱い場合には増幅器を設置しなければなりません。
多くの場合は現状調査で把握できるため、電波レベルの測定がスムーズに行けばさほど時間はかからないはずです。
テレビを複数の部屋に設置する場合は電波レベルを適切に調節した後に分配器を設置します。
通常、1本の配線で2本から4本程度まで分配することが可能です。
必要な機器を設置した後は、最後にテレビの映り具合を確認します。
映像が乱れたり、映りが悪い場合は直すまでに時間がかかったりすることも少なくありません。
アンテナ工事当日は、トラブルが発生することも考えられるため、時間に余裕を持って依頼することをお勧めします。
できるだけ早くアンテナ工事を済ませたいものですが、丁寧に工事をしてもらいましょう。