アンテナ工事の保証期間について

アンテナ工事を依頼する前に保証期間を確認しよう


アンテナ工事を業者に依頼するときは、保証がついている業者を選ぶことが大切です。
アンテナ本体の初期不良による交換期限を2週間としていたり、アンテナ工事に関しては数年間の倒壊保証がついていたり、受信保証を行なっている場合があります。
保証期間内であればアンテナ工事をしてから、アンテナが倒れてしまたったり、方向がずれてしまったりする際に何度でも無料で直してもらうことができるのです。
業者によって保証期間が異なるため、必ず確認してください。
業者のミスや不手際によるものは全て保証の対象となりますが、保証対象となるものも業者によって異なります。
例えば、5年保証と保証期間が書かれている場合、5年間何を保証してくれるのかを確認することが大切です。
業者のミスや過失でアンテナが倒壊した場合は5年間無償で修理するということになり、テレビの映りが悪いだけでは保証対象となりません。
保証対象はアンテナの倒壊だけです。
アンテナ工事業者に依頼してからでは遅いため、保証対象と保証期間をしっかりと確認した上で業者を決めてください。

保証期間と保証対象のバランス


保証対象と保証期間を確認する際は、想定できるトラブルを全て書き出して、それぞれについてその保証期間内に起きた場合は無償修理の対象になるのかを質問するようにすると良いでしょう。
注意しなければならないことは、自然災害です。
保証期間内であっても自然災害でアンテナにトラブルが発生したときは保証の対象外とする業者が多くなってきています。
しかし、地域に密着して長く活動している小規模な業者は自然災害に対しても保証する場合があるため、確認してください。
自然災害で注意すべきポイントは強風です。
台風と強風は表現方法が異なり、強風という単語が業者の説明に含まれていた場合は念入りに確認しましょう。
強風の定義を確認すると安心です。
このように、アンテナ工事における保証期間や保証対象がそれぞれ業者によって異なります。
保証期間は5年という業者が多い傾向にありますが、中には8年、12年という業者もあるでしょう。
年数が長くても保証内容が薄ければ意味がないため、必ず保証対象と保証期間のバランスを考えてください。
依頼してから後悔しないためにも、事前に確認しておくことが大切です。