新築物件にアンテナを設置する時期

住み始める1週間前に完了させよう

これから新築の家を建てようと検討している人もいるでしょう。
マンションやアパートでは、すでにアンテナが設置されていることが多いですが、新築の家は新たにアンテナを設置しなければテレビを見ることができません。
アンテナ工事をいつするべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。
新築住宅に住み始めてから、すぐにテレビを見たいという人が多いはずです。
その場合は、先にアンテナ工事をする必要があります。
しかし、建築作業の邪魔にならないように、家がほぼ完成した段階でアンテナ工事業者に依頼しましょう。
ベストの時期は、住み始める1週間前にアンテナ工事が完了するように依頼することです。
また、引っ越し前にアンテナ工事が完了していると、テレビの配線を行うだけでテレビを見ることができます。
テレビの配線が苦手という人も、引っ越し業者がそのまま配線してくれることがあるため、事前にアンテナ工事を完了させておくと手間がかかりません。
テレビの映り具合も調整してくれる業者に依頼すると、便利です。

保証のある業者に依頼すると安心

アンテナ工事は通常、2、3時間で終わります。
業者へ問い合わせてから見積もりを取り、工事が完了するまでは早ければ数日から1週間程度です。
できるだけ早く、業者を選んで工事日程を決めておくことをおすすめします。
その際に、アンテナ選びについても相談しておくといいでしょう。
アンテナ工事を住み始める前に行うデメリットもあります。
それは、アンテナ設置後のテストができないことです。
しかし、テストができなくても問題はありません。
アンテナ工事業者は工事を行う前に、必ず電波の受信状況を調査します。
アンテナの知識がない素人では、正確な受信状況を調べることが難しいですが、プロの業者は専門機器を使用して測定するため安心です。
万が一、電波状況が悪くテレビが映らない場合にも、アンテナ工事業者が入居後に調整します。
ポイントは、保証のあるアンテナ工事業者に依頼することです。
保証期間内であれば、アンテナにトラブルが発生しても無料で対処してもらえます。