アンテナにおける利得とは

利得とは

アンテナ用語はたくさんありますが、そのひとつに利得という言葉があります。
アンテナの専門知識がない人は、利得についてわからないのではないでしょうか。
利得とは、アンテナの特性のひとつです。
電波の放射方向と放射強度の関係を指向性といい、その指向性を持っているアンテナにおいて、基準のアンテナと供試のアンテナがつくる電界強度が同等になるための電力の比を利得といいます。
様々な方向に電力を拡散するアンテナと、電力を効率良く集中させる指向性のあるアンテナの到達距離の差が利得の差です。
注意点は、利得の大きさです。
利得が大きすぎると指向性が鋭くなります。また逆に小さすぎると電波を遠くに飛ばすことができません。
不要な電波が混信する可能性もあります。
そのため、利得は用途に合ったものが求められるのです。

利得の2つの種類

アンテナにおける利得には2つの種類があります。
ひとつは,アイソトロピックアンテナです。
等方的アンテナともいいます。
これは、電界強度がどの方向にも同じ強度で電波を放射することです。
もうひとつは、λ/2ダイポールアンテナというもので、使用する周波数の波長の半分の長さのアンテナが一番効率良いとされています。
また、アンテナの片側を大地に肩代わりしてもらうものもあります。
八の字に放射し、左右非対称であるためアイソトロピックアンテナよりも高い利得を持っているのが特徴です。
そして、アイソトロピックアンテナを基準にした利得を絶対利得、もうひとつのアンテナを相対利得といいます。
利得は大きい方が良いイメージがありますが、利得が高い方がアンテナの性能も高いというわけではありません。
アンテナを設置する場所に適切な指向性、利得は異なります。
また、無線LAN通信はアンテナの性能が大きく影響するため、そのことを考慮した上でアンテナを選ぶことが大切です。
利得のことや、適切なアンテナの選び方がわからない人はアンテナ工事の専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。
プロのアンテナ工事業者は設置する場所に適切なアンテナを提案することができます。