アンテナとノイズの関係

ノイズが発生する原因を知ろう

突然、テレビからノイズが聞こえてくることがあるのではないでしょうか。
まずは、ノイズが発生する原因を突き止めなければなりません。
原因がわかると対処がスムーズに行えます。
ノイズが発生する原因のひとつは、電波不足です。
接続している地デジアンテナの電波の受信レベルが低い可能性があります。
電波不足が起きていると、すべてのチャンネルが影響を受け、音声や解像度などにも影響が出ているでしょう。
また、テレビにつながっているケーブルの接続部分にトラブルが発生していることも考えられます。
まずは、電波の受信レベルとケーブルを確認してみてください。
全チャンネルに影響はなく、特定のチャンネルだけにノイズが発生している場合はケーブルの接続不良が原因です。
配線を確認してみましょう。
アンテナケーブルの先端プラグが緩んでいる可能性があるため、交換が必要です。
他にもノイズが発生する原因が様々あります。
まずは、ノイズの発生原因を判断することが大切です。

ノイズの対処はアンテナ工事業者に依頼しよう

ノイズの発生原因が電波不足であれば、リモコンを使ってアンテナレベルを確認します。
受信レベルが低下している場合はブースターを使うと改善できるかもしれません。
また、アンテナケーブルの接続不良は、テレビへケーブルがしっかり接続されているか確認する必要があります。
一般的にはテレビの後ろ側に接続されていることが多いです。
また、アンテナケーブルには接続部の真ん中に芯線が通っている構造になっており、その芯線が接続できていない場合にも接続不良を招きます。
接続不良かどうか判断できないこともあるでしょう。
そのときはアンテナ工事の専門業者に相談すると、原因を突き止めてくれます。
ノイズの原因が判断できないときは、アンテナを確認するのが有効です。
自分でもアンテナを確認することができますが、屋根の上にアンテナが設置されている場合は、高所での作業となります。
危険を伴う作業であるため、アンテナ工事業者に依頼することをおすすめします。
誤った対処をすると、トラブルが悪化する恐れがあるため注意してください。