アンテナにおけるエラーについて

テレビにエラーが表示される原因

アンテナを設置したあとに、エラーが起きることがあります。
機械に詳しくない人は、どのように対処するべきかわからないはずです。
エラーがでたとき、テレビ画面に「E201」や「E202」、「E203」など表示されるでしょう。
表示されたものによってエラーの意味が違います。
まず、「E201」はアンテナレベルが低下していることが原因です。
アンテナレベルを確認してみてください。
リモコンのメニューボタンから確認できます。
アンテナレベルが低下する原因は、自宅の周囲に障害物がある、強風でアンテナの向きが変わってしまった、悪天候により電波を受信できていない、アンテナの老朽化や破損、アンテナに接続している線やテレビに接続している線が断線していることが挙げられるでしょう。
ひとつずつ確認し、アンテナレベルの低下の原因を探ってください。

エラーの原因が不明な場合は専門業者に相談

「E202」は、テレビの配線に原因がある場合が多いです。
テレビの配線が抜けていないか確認してください。
配線が抜けていない場合は、配線そのものが間違っている可能性があります。
BSやCSの入力切り替えが正しく接続されているかも確認しましょう。
配線が正しい場合は、アンテナ本体にトラブルが発生していることが考えられます。
他にも、悪天候が原因で電波が受信できていない場合や、アンテナ線の接続トラブル、ケーブルのトラブル、アンテナ調整、放送電波が送られていないチャンネルを受信しているなどの原因が挙げられます。
ケーブルのトラブルは、新しいものに交換すると解決できるでしょう。
また、新居の場合はチャンネル設定が行われていない可能性があります。
チャンネルの地域設定を行ってください。
「E203」は放送休止を意味しています。
放送休止ではないチャンネルでも「E203」が表示されている場合はアンテナレベルの低下が原因です。
「E202」と同様にケーブルの接続や不具合を確認してください。
エラーの原因がわからないときや、対処方法がわからない場合はアンテナ工事専門業者に相談しましょう。
原因を探り、適切な処置を行います。