アンテナが倒れたときの対応

アンテナが倒れたときは

アンテナを設置した後に、強風などの影響を受けてアンテナが倒れることがあります。
アンテナが倒れたとき、自分で立て直すか、アンテナ工事業者に依頼するか迷っている人もいるのではないでしょうか。
倒れたアンテナが屋根から落下し、道路や別の住宅の敷地に入ってしまった場合は、すぐに撤去しなければなりません。
また、倒れたアンテナは再度、設置し直さなければテレビを視聴することができません。
このようなトラブルを解決する方法をしっかり把握しておきましょう。
アンテナが倒れる主な原因は、強風以外に地震、建物のゆがみが挙げられます。
アンテナをしっかり固定していない場合は、安定しないため徐々に倒れてしまうことも少なくありません。
アンテナが少しずつ倒れてくると、屋根を傷つけ雨漏りが発生することや、瓦が落ちてくる可能性があるため非常に危険です。

倒れたアンテナは業者に相談しよう

倒れたアンテナは、必ずアンテナ工事業者に相談しましょう。
その理由は、アンテナの撤去作業や修復作業の難易度がアンテナ設置よりも高いからです。
知識のない素人では、撤去作業ができても完璧に修復作業をすることは困難です。
また、屋根の上にアンテナを設置する場合は、高所での作業であり、不安定な場所での作業となるため、非常に危険が伴ないます。
場合によっては、屋根から落下し、大怪我や命の危険にかかわる可能性があるため、自分で修復作業を行わず、アンテナ工事業者へ依頼してください。
できる限り自分で撤去したいという場合にも、注意が必要です。
ぐらついているアンテナは絶対に触ってはいけません。
また、自分の敷地外に落下してしまった場合は、早急に引き上げましょう。
アンテナ工事業者に修復作業をしてもらったあとは、再びアンテナが倒れてしまわないように定期的に状態をチェックすることが大切です。
しっかりと設置しても、時間と共に緩みが発生する場合があります。
小さな原因が積み重なり、倒れたというケースも少なくありません。
最低でも1年に1回はアンテナの状態を確認しましょう。
その際も、アンテナ工事業者に依頼することをおすすめします。