アンテナの種類と設置場所

アンテナの種類によって設置場所が異なる

アンテナには3つの種類がありますが、それぞれ種類によって設置場所が異なります。
これからアンテナを設置しようと検討している人は、アンテナの種類と設置場所について知っておきましょう。
アンテナには八木式アンテナ、デザインアンテナ、室内アンテナの3つの種類があります。
八木式アンテナの設置場所は屋根の上です。
建物の一番高い場所に設置するため、電波の受信がしやすいといったメリットがあります。
また、一般的な作業であるためコストも比較的安価です。
しかし、工事が屋根の上で行わなければなりません。
設置作業は危険を伴ない、自宅の景観が損なわれる、台風などの影響を受けやすいといったデメリットもあります。
近年、自宅の景観を損ないたくないといった理由から、デザインアンテナを設置する家が増えてきました。
デザインアンテナは、壁面に取り付けるアンテナです。
コンパクトでスタイリッシュな形をしており、新築を建てた際にデザインアンテナを選ぶ人が増えてきています。
しかし、八木式アンテナよりも低い位置に設置することになるため、場所によっては電波を十分に受信できない可能性もあるでしょう。

電波の受信状況を考慮しよう

室内アンテナは、屋根裏に設置をするアンテナです。
自宅の外観を重視して室内アンテナを選ぶ人も多くいます。
屋外に設置するデザインアンテナとは異なり、室内に設置をするため雨や台風などによる劣化やトラブルを防ぐことが可能です。
しかし、電波環境が良くないエリアに住んでいる人は、十分な電波を受信することができません。
まずは、電波環境を確認してから室内アンテナが設置できるかどうかを判断しましょう。
アンテナを設置する際に最も重要なことは、電波の方向に合わせて設置するということです。
設置場所はどこでも良いというわけではないため、アンテナの種類に適切な場所を選ばなければなりません。
アンテナの種類を理解し、設置場所も考慮しながら適切なアンテナを選んでみてはいかがでしょうか。
また、アンテナ選びに迷ったときはアンテナ工事業者に相談してみると良いでしょう。