アンテナにおける分配器について

複数のテレビを設置する場合は分配器を使おう

自宅に複数のテレビを設置したい場合は、アンテナを1つ設置するだけでなく、分配器の設置が必要です。
アンテナ工事がトラブルなく完了し、電波を受信することができても、しっかりと配線されていなければテレビは視聴できません。
分配器とは、1つのアンテナで何台ものテレビを視聴できるようにするアイテムです。
アンテナから出ている電波を、複数のテレビに分けるための中間地点の役割を行います。
また、アンテナで電波を共有できるだけでなく、テレビ端子がついていないときにも役立ちます。
自宅に複数のテレビを設置したいと考えている人は、分配器を使用してみてはいかがでしょうか。
分配器と似ている分波器との違いについても知っておく必要があります。

分配器と分波器

分配器は、アンテナから出ている電波を複数のテレビに分けるアイテムですが、分波器は、アンテナ線に向かってきた複数の電波を分ける役割をします。
例えば、衛星放送と地デジ放送が同じアンテナ線できたときに、この2つを分ける働きをするのです。
分配器と分波器の役割をしっかりと理解し、適切なアイテムを設置しましょう。
漢字が似ているだけでなく、見た目も似ているため、購入する際は注意してください。
BS放送を視聴する際に、分配器を使用するときにも注意が必要です。
BS放送を視聴するときは、全端子通電形というタイプを利用します。
全端子通電形を利用することで、どの部屋でもBS放送を楽しむことができるのです。
分配器の種類の1つに、端子通電形というタイプもありますが、このタイプを選ぶとBS放送を視聴できるのは1台のみとなってしまいます。
1台のみ、BS放送を視聴できれば問題ないというようであれば、端子通電形を選び、全ての部屋で視聴できるようにしたいのであれば、全端子通電形を選びましょう。
分配器を設置する際は、ケーブルも必要です。
ケーブルはアンテナとテレビをつなぐためのものであるため、分配器と合わせて購入することをおすすめします。
分配器を購入したあとは、ケーブルでつなぐたけです。
アンテナ工事や分配器でトラブルが発生した場合は、アンテナ工事業者に相談してみてはいかがでしょうか。