テレビアンテナの台風対策

近年、予想を超える大型の台風が日本に大きな被害をもたらし、多くの人が生活に支障をきたしました。
今後は、被害を最小限に抑えるために台風の被害に備え、事前に対策を練っておく事が重要であるといわれています。
中でも、テレビアンテナは屋根上に設置されることが多く、台風の影響を受けやすいため注意が必要です。
もしもの時に備えることができるよう、ここでは、アンテナが台風によって受ける影響や、事前にできる対策についてお話ししていきたいと思います。

アンテナが台風によって受ける影響は?

テレビの映りが悪くなる

台風による影響でよくみられるのが、テレビの映りが悪くなるといった症状です。
台風による大網の影響で電波が遮られることが原因であると考えられており、地上デジタル放送よりも、BS・CS衛星放送によく見られます。

アンテナが倒壊したり、飛ばされてしまう

台風の影響で最も気を付けたいのが、テレビアンテナが倒れてしまったり、飛ばされてしまったりするケースです。
このケースでは、テレビの映りが悪くなってしまったり、場合によっては全く映らなくなってしまうこともあります。
また、アンテナが屋根から飛ばされるという事は、鉄の塊が落下するという事となり非常に危険です。
ご自宅や近隣の家に被害をもたらす可能性もあるため注意が必要です。

アンテナの向きが変わってしまう

台風の強風による影響で、アンテナの向きが変わってしまうケースもよく起こります。
テレビアンテナの向きはとても重要なものとなり、向きが変わってしまうと電波を適切に受信することができなくなってしまい、テレビの映り悪くなってしまったり、最悪の場合テレビが全く映らなくなってしまう可能性もあります。

アンテナが台風の影響を受けてしまった時は

今までは問題なく視聴できていたのに、台風がきたらテレビが映らなくなってしまった・・・。
というような時には、まずがアンテナの向きを確認しましょう。
台風による強風や大雨でアンテナが動いてしまったり、最悪の場合屋根から落下してしまっているという可能性もあります。
まずは、ご自宅のテレビアンテナの状態を目視で確認する必要があります。
台風が接近している際には、テレビも貴重な情報源となり視聴ができないと不安になるでしょう。
そのため、ご自身で傾いたり倒れてしまったアンテナを直そうとする方もみられますが、悪天候の中でアンテナを直そうとするのは大変危険です。
屋根上に設置されたアンテナならなおのことです。
ご自身で修復したい気持ちも理解できますが、悪天候のアンテナ修理は専門業者に依頼するのが安心です。
また、台風の影響でテレビが映らない原因はアンテナだけとは限りません。
テレビにエラーコードが表示されている場合は、その指示に従って対処していくと解決する場合もあります。
他にも、アンテナ端子がゆるんでいる・抜けているといった事が原因となっている場合もあるので、アンテナに異常がみられない場合はテレビ周辺を確認してみましょう。
これらのことを確認しても異常がない場合、テレビの中継局にトラブルが起こっている可能性があります。
そういった場合は、台風が過ぎるのを待ち、トラブルが解消したら通常通りに視聴できます。

事前にできる台風対策

アンテナを壁面・屋内に設置する

一般的なテレビアンテナは屋外に設置されているため、どうしても台風や大雨・雪などの影響を受けやすいですが、屋内にアンテナを設置することでそれらの問題を解決することができます。
また、壁面に設置するタイプのアンテナはボックスタイプの小さいもので屋根上でなく壁面に設置することができるため、屋根上に設置したものに比べると雪や強風の影響を軽減することができます。

強度の強い設置を依頼する

屋外にアンテナを設置する場合、強度の強い設置を専門業者に依頼することができます。
強度を強くすると台風による強風・大雨によってアンテナがずれないように設置してもらえるため安心です。