テレビアンテナ工事のポイント

知らない人も多いのですが、コンセントに線を挿しただけではテレビの視聴は出来ません。
テレビを視聴するにはテレビアンテナを設置する必要があり、ほとんどの新築の家にはテレビアンテナは設置されていません。
そのため、引っ越しに合わせてアンテナの設置を依頼しておかないと、テレビの線を繋げてもテレビが映らない・・・という状況になってしまいます。
そんな状況になってしまう事のないよう、ここではテレビアンテナ工事の流れや費用についてお話ししたいと思います。

テレビアンテナの種類

まずは、テレビアンテナには種類がいくつかあり、それぞれ見た目や性能が異なる為、ご自宅の環境に適したアンテナを選択する事が重要となります。

八木式アンテナ

昔から多くの人に利用されている八木式アンテナは魚の骨のような形をしていて屋根上に設置されることが多いアンテナです。
種類が豊富で、ご自宅の電波の強弱によって適したものを選択する事ができます。
また、高い位置に取り付けるため電波を受信しやすく、受信感度は最も優れていると言われています。
性能は高く多くの人が利用していますが、どうしても建物の景観を損ねてしまうといったデメリットがあります。

室内アンテナ

コンパクトなデザインとなっており、室内において使用する事が可能です。
そのため設置工事の必要がなく、家の景観を損ねることなく手軽に設置できます。
しかし、性能の面で電波の受信が不安定な場合があり、電波が弱い地域での使用は難しいとされています。

平面アンテナ

壁面に設置するタイプのアンテナで平面状になっておりボックスの形をしています。
見た目がすっきりとしているため、八木式アンテナが設置できない形状の建物や、景観を損ねたくない人に向いています。
しかし、壁に設置するため屋根上の設置に比べると取り付け位置が低くなり、場合によってはブースターなどが必要となる事があります。

アンテナ以外に必要な物

分配器

1つのアンテナで複数台のテレビを視聴する際には分配器が必要となります。
分配器は1つ数百円から購入する事ができるので、比較的安く手に入れるができる代物です。

ブースター

電波が弱い場合にブースターを使用するケースがあります。
複数のテレビを視聴する際にブースタを使用するとどうしても電波が弱くなってしまいます。
そんな時にブースターを使用する事で電波の強度を高める事が出来ます。

電波測定器

電波を計測する事が可能なアイテムです。
個人ではなかなか使用する事はありませんが、アンテナを設置する際に専門業者が使用する事が多いです。

アンテナ工事の流れ

  1. まずは専門業者に問い合わせを。
  2. 現地調査に来てもらい、見積もりを提出してもらう。
  3. 見積もりに納得できたら契約をする。
  4. 希望の施工日程に工事をしてもらう

テレビアンテナの設置は場所によって電波レベルが異なるため、それぞれの家庭で適した設置機器やアンテナが違ってきます。
その為、現地調査をしっかりと行ってもらってから見積書を提出してもらうと安心です。
アンテナ工事にかかる時間は約1.5時間~2時間程度が一般的とされており、その時の状況によって設置時間も変わってくるので、時間に余裕をもっておくと良いでしょう。

費用の相場

テレビアンテナの設置の費用をインターネットなどで検索すると、色々な価格の物が出てきますが、安ければ良いと安易に信用してしまうのは危険ですので注意しましょう。
中には、ネットでは興味を持ってもらえるような金額を表記しているにもかかわらず、実際には費用が倍になったりする悪質な業者も存在するので、依頼する業者を選ぶ際には信用出来る業者に依頼する事が出来るよう、慎重に選びましょう。
テレビアンテナ工事の相場は5~10万円前後と言われていますが、アンテナの種類やブースターの種類によって異なります。
工事前に見積もりを提出して他社と比較してから依頼をすると安心です。