地デジ・BSデジタル放送の「エラーコード」について

テレビ電波の受信に何らかのトラブルが発生した時に、テレビの画面に「E100」「E202」などといった数字が表示されることがあります。この数字はエラーコードと呼ばれ現在起きているトラブルを表しています。エラーコードが表示された場合はご家庭でもできるチェックを基本的な確認事項にそって進めて頂くことでテレビの視聴ができるようになることもあります。今回はエラーコードについてご説明します。

【B-CASカードに関するメッセージ】

・(E100) B-CASカードの未挿入

B-CASカードが未挿入の状態でテレビを視聴しようとすると表示されます。テレビ等を購入した際同梱されているB-CASカードを挿入して下さい。

・(E101) ICカードの読み取り不可

B-CASカードとテレビ本体の接触部分にゴミが付着しているかカードの挿入方向が間違っているなどの原因でICカードを読み取ることができない状態の場合に表示されます。正しく装着し直して下さい。

・(E102) ICカードの使用不可

間違ったカードが挿入されたか、B-CASカードの破損、IC部の汚れなどによってカードを使用できない状態の場合に表示されます。正しく装着しても改善されない場合には、B-CASカスターセンターに連絡します。

・(E103) 未契約番組を選局

契約されていない番組を選局した場合に表示されます。

B-CASカードが奥までしっかり差し込まれていない、裏表や挿入方向が間違っている、ICチップの接触不良でもエラーコードが表示される場合があります。カードの方向を確認する、ICチップを乾いた布で軽く拭くなどで表示が消えることがあります。

【地デジの受信に関するメッセージ】

・(E201) 低階層映像への切換り

激しい雨などの影響によってアンテナの電波レベルが低下している場合に表示されます。画質や音質などが少し悪くなり、音楽情報が表示できないことがあります。強風や豪雨などでアンテナの向きがずれていないか、アンテナが傾いていないかなどを確認して下さい。

・(E202) 信号受信の不可

テレビに放送電波が届いていない場合に表示されます。アンテナケーブルが正しく接続されているか、アンテナ調整が正しくされているかを確認して下さい。

・(E203) 放送休止中

選局したチャンネルの放送が休止中であったり、放送時間の終了後に表示されます。番組ガイドから放送時間を確認して下さい。番組放送中にもかかわらずエラーコードが表示される場合は電源を入れ直し、チャンネル設定を再取得します。、放送休止ではないチャンネルを選局しているにも関わらずこのエラーコードが表示される場合はアンテナレベルが低下している可能性も考えられます。

・(E301)データ通信不可

データの通信に失敗した場合に表示されます。電話線の接続、LAN接続を確認後、設定メニューから通信設定を確認して下さい。

【BSデジタル放送に関するメッセージ】

・(E209)アンテナケーブルのショート

「Err」と表示されることもあります。
BS・110度CSアンテナ線がショートしている場合に表示されます。テレビの電源を落としてショートの原因を取り除き、アンテナとの接続を確認した後に電源を入れ直します。

・(E402)データの表示不可

データの表示に失敗した場合に表示されます。一旦別のチャンネルに変更した後、再度データの受信ができなかったチャンネルを選択し直してください。

台風の季節などは豪雨や強風でアンテナの向きが電波塔からずれてしまうこともあります。また、アンテナの経年劣化が進むと電波の受信感度が低下したり、アンテナにつながる配線が断線している可能性も高くなります。エラーコードが表示された場合は電源が入っているか、ケーブルが正しく接続されているかなどの基本的な項目をご確認頂いた後、アンテナ工事専門業者による適切なメンテナンス、チェックを受けられることをおすすめします。