室内アンテナを選ぶ際のポイント

テレビを視聴するにはアンテナの設置が必要となりますが、その中の一つに室内アンテナというものがある事をご存知でしょうか?
室内アンテナは設置が安易である為、きちんとテレビが映るのか不安に思うという意見をよく耳にします。
そこで今回は、室内アンテナで快適にテレビを視聴する事が出来るよう、室内アンテナを選ぶ際のポイントについてお話ししたいと思います。

【室内アンテナと屋外アンテナの違い】

1.アンテナの形状

屋外アンテナの代表的なものとして「八木式アンテナ」と呼ばれる、魚の形のようなものと「平面アンテナ」と呼ばれる平らな形をしたものとがあります。
八木式アンテナは屋根上に設置するもので、電波感度は強いというメリットがありますが、風や雪に弱い・家の景観を損ねてしまうというデメリットがあります。
室内アンテナは平面アンテナに近い見た目をしていて、屋外アンテナよりもサイズが小さいのが特徴です。
中には、室内でも使用する事が出来る平面アンテナも販売されており、サイズは一般的な平面アンテナと同じぐらいのサイズとなりますが、専用のスタンドを使用する事で室内アンテナのように使用事が可能となります。

2.アンテナの性能

テレビアンテナの性能は、種類によって大きく異なると言われており、ご自宅の電波の強弱を知り適したアンテナを設置することが重要となります。
アンテナの性能は、受信できる電波の範囲や強さで決まるとされており性能が良い順に並べると以下のようになると言われています。

「八木式アンテナ<平面アンテナ<室内アンテナ」

平面アンテナ・室内アンテナはデザイン性が高く、家の景観を損なわないというメリットがありますが、一方で性能面では八木式アンテナに劣ると言われています。
また、八木式アンテナは横骨の数(素子数)によって性能が異なる為、お住いの地域の電波環境を確認しておくと安心です。

3.指向性

アンテナには受信する際に適した向きというものがあり、これを「指向性」と言います。
指向性が高いほど「弱い電波を受信しやすいが、方向を正確に合わせる必要がある」とされているので注意が必要です。
指向性の強いアンテナの代表的なものは八木式アンテナで、電波を受信する際にはアンテナの方向が重要となり、強風などで方向がズレてしまった場合は調整する必要があります。
一方、室内アンテナの場合は指向性が弱く、方向が多少ズレていても受信する事が可能です。
しかし、遠くの電波を受信できませんので注意が必要です。

【室内アンテナを選ぶ際のポイント】

室内アンテナを選ぶ際には、アンテナの性能について知っておくと安心です。
室内アンテナも色々な製品が販売されていますが、電波能力が高い物を選ぶためには下記の3つのポイントに注目してみる事をおススメします。

・素子数

「素子数」とは、簡単にまとめると電極の数の事を言います。
この素子数の数が多いほど電波を受信する力が強いとされており、弱い電波であっても受信する事が可能となります。
素子数の数値は、通常の室内アンテナだと「4~8」水準のものが多く、強電界地域であれば素子数は4~8あれば十分問題なく使用できるとされています。
また、中電界地域の場合は「14~20」、弱電界地域の場合は「21以上」の素子数が望ましいとされているので、お住いの地域の電波の強さを確認しておきましょう。
素子数は、商品のパッケージの裏やWEBカタログなどの品番や型番と一緒に記載されている事が多いので、購入する際は一度確認してみてください。

・動作利得

室内アンテナを購入する際に、素子数とともに「動作利得」というものが記載されています。
動作利得はアンテナの感度を表しており、数値が高い方が受信する力が強いとされています。
室内アンテナの場合は、強電界地域で快適な視聴が出来るのが「0.5~5.0㏈」の数値のものとされており、弱電界地域では「7.0㏈以上」に動作利得をもったアンテナが望ましいとされています。

・ブースターを内蔵しているか

室内アンテナの中には、「ブースター内蔵」と表記されているものがあります。
ブースターは、電圧の増幅器のことを言い、このブースターが室内アンテナに内蔵されている事で受信能力が高くなり、快適にテレビを視聴する事が出来るとされています。
ただし、ブースターはノイズなども増幅させてしまう為、電波信号の質が悪い場合は注意が必要です。