アンテナの寿命とは

アンテナも劣化する

テレビのアンテナは寿命があります。
自宅に設置してから、メンテナンスを行わずに放置している人もいるのではないでしょうか。
突然、テレビが映らなくなった場合は、アンテナに寿命がきたのかもしれません。
例えば、アンテナが折れることです。
アンテナが折れる原因は、強風や雪の影響がありますが、アンテナそのものが劣化していると折れやすくなります。
アンテナの素材は、メッキによる防錆施工がなされていますが、長年の風雨や紫外線の影響を受けると、どうしても錆が発生してしまうものです。
アンテナが錆てしまし、腐食すると金属の耐久性が下がり、強風などの影響を受けると簡単に折れてしまいます。
特に、海に近い場所に住んでいる人は、潮風によってアンテナが錆やすいです。
アンテナの寿命が来る前に、定期的にアンテナの様子を確認しましょう。

アンテナの寿命について

アンテナそのものに錆がない場合も、強風が吹くとアンテナが破損する恐れがあります。
台風の直撃を受けたエリアは、強風による影響や飛来物が激突することで、アンテナが折れてしまうことも少なくありません。
突然、テレビが映らなくなった場合は、アンテナにトラブルが発生している可能性があるため、アンテナ工事業者に依頼し、すぐに改善してもらいましょう。
アンテナが倒れている、折れている状態を放置すると屋根からアンテナが落下し、人に怪我をさせてしまうかもしれません。
また、近隣住宅の敷地内に落下する可能性があるため、すぐに対処しなければなりません。
アンテナを設置してからメンテナンスをしていないという人はアンテナの寿命がくる前にアンテナ工事業者に状態をチェックしてもらうと安心です。
一般的には、アンテナの寿命は8年から10年といわれています。
それ以上の年数で使用し続けるとアンテナが折れることや、落下してしまうこともあるので注意してください。
また、台風による影響を受けやすいエリアや、海に近いエリア、豪雪が降るエリアはアンテナの負荷が大きく、一般的なアンテナの寿命よりも短い場合があります。
アンテナの寿命を延ばすためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。
定期的にメンテナンスをすると、アンテナ交換費を安く抑えることができます。