アンテナ工事はどこに、誰に依頼するべきか?

「アンテナを新しく設置したい」、「不具合が生じているアンテナを修理したい」、「4k・8k放送に対応したBSアンテナに取り換えたい」などアンテナ工事が必要になった時、皆さんはその工事をどこに依頼しますか?DIYは得意だから自分でやってみようかなと考える方もあるかもしれません。アンテナ工事が必要になった時の業者選びについて見ていきましょう。

様々なアンテナ工事請負業者

アンテナ工事が必要になった時、探してみると様々な業者がアンテナ工事を請け負っていることが分かります。

✓アンテナ工事専門業者

アンテナ工事専門の業者です。アンテナや電波に関する豊富な知識と施工実績の多さに加えて専門機材や電波の測定器なども完備しているので、弱電界地域などの電波に問題がある場所、取り付けが困難な住居でのアンテナ工事、また急なトラブルの発生についても対応が可能でなうえ安心して任せることができます。アンテナ本体、工事に必要な資材を大量に仕入れるため、工事代金が安定し比較的安価になります。

✓家電量販店

アンテナ本体を家電量販店で購入した場合は、アンテナ工事をその家電量販店が提携する業者が引き受けることが一般的です。アンテナ購入者が業者を選択することはできず、工事当日に初めて顔を合わせます。

✓引っ越し業者

引っ越しと同時にアンテナ設置工事を依頼した場合も、家電量販店と同様引っ越し業者が提携するアンテナ工事請負先が工事を担当します。

✓電気工事店

エアコン工事や、TV工事と一緒にアンテナ設置工事を請け負う業者があります。アンテナを取り付けには特別な資格は必要ありませんが、配線や周辺機器の設置が必要になる場合、テレビ用のコンセントの増設工事、ブースターを取り付ける配線工事などでは電気工事士の資格が必要となります。電気工事店では多くの従業員が電気工事の資格を持っているため作業が滞ることがありません。

✓個人経営店

アンテナ工事を請け負う個人経営店があります。急なトラブルへの柔軟な対応、心配事へ親身に対応してくれる店が多くあります。店の規模にもよりますが工事後の保証、アンテナ工事や電波測定に関する専門的機材などが手薄になってしまう場合もあります。

アンテナ工事のDIYについて

アンテナの設置には特別な資格が必要ないためDIYが得意な人であれば上手く設置出来るかもしれません。しかし、テレビ電波の受信強度を大きく左右するアンテナの向きの微妙な調整は知識がないとても困難です。アンテナを適切な方向に向けて設置しても、送信所との間に障害物がある場合はテレビ画面にノイズが現われたり、特定のチャンネルだけが映らないケースもあり、十分な電波を安定させるためにブースターなどの周辺装置が必要になることもあります。アンテナ設置には、アンテナや周辺装置に関する知識はもちろん、電波に関する知識が重要となります。

また、慣れない高所での作業は大変な危険を伴うため、「劣化したアンテナの倒壊」「作業道具の落下」「傾斜のある屋根の上で作業中に足を滑らす」などトラブルのリスクがあります。加えて屋根材や屋根の構造を知らないまま作業をして瓦や屋根板などを傷つけ、作業後しばらくたってから雨漏りし始めたというケースもあります。デザインアンテナを外壁に設置する場合は、壁に開けた穴をふさぐためにコーキング作業が必要ですが、上手く行われていない場合はその穴から雨水が侵入して腐食を起こしてしまうケースもあります。

適切なアンテナ工事のために

費用を抑えようと自分でアンテナの設置や修理をしてみたけれど、作業中に屋根や壁を傷つけて却って高額の修理費用が必要になってしまったということもあります。アンテナや電波に関する豊富な知識に加え、確実な保証制度でアフターフォローに関しても安心して任せられるアンテナ工事専門業者へのご依頼をおすすめします。