そろそろ我が家も?アンテナの交換が必要になるケース

八木式アンテナの寿命は一般的に「およそ10年」と言われています。
現在の地上デジタル放送が一部地域で開始されたのは2003年から、ほとんどの地域でアナログ放送からの完全な変換が完了したのは2011年7月24日のことです。アンテナの寿命を一般的な10年程度と考えると、地上デジタル放送の開始と同時に多くのご家庭で交換されたアンテナは2013年から2021年に交換時期を迎える計算になります。今、まさに交換の時を迎えています。設置環境や使用状況に応じて使用可能期間は大きく変わってきます。今のところテレビの視聴に問題はないけれど、そろそろアンテナの寿命が気になりだしたという方に、アンテナの交換が必要になるケースをご紹介しましょう。

アンテナの交換が必要になるケースとは?

屋根の上に設置される魚の骨のような形をしたアンテナ「八木式アンテナ」。一般的に多くのご家庭で使われている八木式アンテナの寿命はおよそ10年と言われていますが、アンテナが設置されている環境によっては設置から20年が経過しても問題なくテレビの視聴ができるケースもあります。ここではアンテナの交換が必要となる場合が出てくるケースをまとめてみました。

①アンテナの劣化が激しい場合

  • アンテナが倒れたり、傾いたりしている
  • アンテナの素子(魚の骨状になっている細い棒)の一部が破損している
  • アンテナを構成する大部分がさびている

アンテナ本体はもちろんですが、アンテナ本体、アンテナを屋根に固定する屋根馬、マスト、アンテナを支えるステー(針金の支線)、特にアンテナのポール部分がさびてしまっている場合は早急な対応が必要です。アンテナの設置場所が海の近くの場合は、潮風に含まれる塩分によってアンテナがさびるなど劣化が進む場合があります。強い風が吹く地域も、アンテナには大きな負荷がかかるため、必要に応じでアンテナのチェック・メンテナンスが必要です。

②大きな地震や大型台風にあった場合

八木式アンテナはテレビ電波をより確実に受信するために、電波を遮る物がない住居の屋根や屋上に立てます。つまりは雨や雪、風や直射日光など自然環境の影響をまともに受けることになり、倒壊などのトラブル発生のリスクも高くなるということです。大きな台風や激しい揺れを伴う地震などの後、電波の状態が安定している地域では、テレビの視聴に問題がなくても実はアンテナが屋根の上で倒れていたということもあります。テレビを見ることができるからと傾いたり歪んでしまったアンテナをそのまま放置しておけば、最悪の場合はアンテナの落下を招き、重量のあるアンテナは大きな被害を引き起こす可能性も考えられるのです。

その他にも「一部のチャンネルで映像が乱れることがある」など、テレビの視聴に問題がある程ではないけれど、時折気になる症状が出始めるケースでも、アンテナ交換が必要になる場合があります。

アンテナのチェックとメンテナンス

アンテナは普段から目につくものではありませんが、見えないところに確実に劣化が進んでいます。また住まいの経年劣化により、アンテナを支える屋根自体に劣化が進みアンテナにぐらつきが生じるケースもあります。

  • 設置から10年を目安に現況をチェックし、メンテナンスする
  • 住まいが海の近くにあり、アンテナが潮風にさらされる場合には定期的なチェックが必要
  • 台風や大雪、地震の後は、アンテナの倒壊、傾きなどをチェックする

アンテナの点検やメンテナンスは高所での作業となり危険を伴うことに加えて、適切な工事にはアンテナや電波などの専門的な必要になります。アンテナについてのご相談はアンテナ工事専門業者にご連絡下さい。