テレビアンテナに雷が落ちる?

大きな音に稲光・・・いつ落ちるか分からない雷に恐怖を感じる人も多いでしょう。
特に、家の屋根上にテレビアンテナを設置している場合、自宅のアンテナに雷が落ちてしまうのではないかと不安に思う人は多いのではないでしょか?
もしもの時に対策をとる事ができるよう、ここではテレビアンテナと雷の関係や落雷被害の対策についてお話ししていきたいと思います。

テレビアンテナに雷が落ちる確率は低い

屋根上に設置されたテレビアンテナは、高い場所にあり鉄で突起のある形状の為、雷が落ちやすいようにイメージしてしまいますよね。
しかし、自宅のテレビアンテナに雷が落ちやすいという認識は間違っていると言われています。
台風や雷雨などの日に、突然真っ暗に停電してしまった経験は誰しもがあるかと思います。
そういった場合、多くの場合が自分の家だけが停電している訳ではなく近所一帯が停電してしまうケースが多いです。
これは、どこかの家のテレビアンテナに雷が落ちたわけではなく、電信柱に雷が落ちたために起こる現象です。
自宅の屋根上にあるテレビアンテナに落雷する可能性ももちろんない訳ではありませんが、停電などの落雷被害が起こった場合の多くが電信柱への落雷であると言われています。
自宅のテレビアンテナに落雷したケースは、本当に山の上に建設された住宅で、隣接する家もなく電信柱よりも高い位置にある自宅に落雷したケースが報告されています。
自宅に落雷してしまった場合、アンテナは飛び散り、ポールは丸焦げになり、テレビや冷蔵庫などの自宅にある電化製品すべてが壊れてしまうなど、被害は大きなものになります。
その為、もしもの時に備えて落雷対策をとっておくことも大切です。

落雷被害について

落雷被害には「直撃雷」と「誘導雷」の2種類があります。
どちらの落雷被害にあったのかによって、被害の大きさは異なります。

直撃雷

直撃雷とは、文字の通り物や建物に雷が直接落ちる被害の事を言います。
雷の電力が直撃する為、200万ボルト以上の電圧、1千アンペア以上の電流を受ける事となります。
最大で10億ボルト、50万アンペアの電力を受ける事もある為、大変危険です。
もし家に落雷してしまった場合、すさまじい大電圧が電話線や電線から侵入し、電化製品に被害をもたらしてしまいます。
ほとんどの場合、このような大きな電圧と大電流に耐える事の出来る家電製品はありませんので、直撃雷を受けた電化製遺品は高い確率で故障してしまうと言えます。
しかし、雷は高さが20m以上ある建物や、木・電柱・鉄塔などの高い建物に落雷する傾向があると言われています。
近年では高い建物も多く建設されており、自宅の周りにも高い建物があるケースが多くなっています。
避雷針を設置している建物も多く、家に直撃雷を受けるといったケースは少ないと言えます。

誘導雷

誘導雷は直撃雷とは異なり、家に雷が直接落ちるのではなく近くに落ちた雷によって電磁誘導が起こってしまい、電線や電話線などに高電圧・高電流が流れる被害の事を言います。
自分の家に落雷していなくても、電線や電話線に流れた高電圧・高電流によって、自宅の電化製品が故障してしまうケースが多く見られます。
落雷による電化製品の故障は多くの場合が「誘導雷」によるものであると言われています。

落雷対策について

近くに雷が落ちた際には、異常電圧や異常電流が発生する事となりますが、これらのことを電サージ電圧・電サージ電流と言います。
これらが侵入することによって、遠くに落ちた雷の被害を受けてしまう可能性がある為、このサージの侵入を防ぐことが重要となります。

雷サージプロテクタ

家電屋さんでは、雷サージプロテクタや雷サージガードといった商品が販売されています。
テレビ用など電化製品にあった雷サージプロテクタが販売されており、電化製品によって異なりますが、比較的安価で購入する事が出来る為おススメです。
簡単に取り付ける事が出来るものも多く、手軽に落雷対策を行う事が出来ます。