テレビアンテナの選び方

近年では、いろいろなタイプのテレビアンテナが販売されており、アンテナの取り換えや購入の際には、どれが良いのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?
ここでは、どのタイプがご自宅に適しているのか判断する際の参考となるよう、テレビアンテナの選び方についてお話ししていきたいと思います。

テレビアンテナの種類

テレビを視聴する為には、UFHアンテナが必要となります。
このUFHアンテナは、周波数300~710MHzの帯域を受受信する事が出来るようになっており、地デジの周波数帯域は470~710MHzの範囲となっています。
テレビアンテナは下記のような種類があり、ご自宅の環境に適したものを選ぶ必要があります。

八木式アンテナ

テレビアンテナと聞いた時に多くの人がイメージするのがこの八木式アンテナではないでしょうか?
八木式アンテナは屋根上に設置するタイプのアンテナで、魚の骨のような形をしたアンテナです。
昔から多くのご家庭で利用されており、テレビアンテナの代表的なものであると言えます。
また、八木式アンテナは他のアンテナよりも電波の受信性能が一番優れており、電波の弱い地域であっても安心して使用する事が出来るという特徴があります。
アンテナ自体は比較的低価格のものが多く、屋根上に設置する為取り付けは専門の業者に依頼する事がほとんどで、その際には工事費が必要となります。

平面アンテナ・デザインアンテナ

屋外の壁面に取り付けが出来、家の景観を損ねない事から近年人気となっているタイプのアンテナです。
デザイン性が高く、薄く小型となっており、本体のカラーも選ぶことが出来る為、壁面と同系色のものを選ぶと目立ちません。
また、専用スタンドなどを利用する事で室内に設置する事が可能なものも販売されています。
八木式アンテナと比べると受信性能が劣ると言われており、ほとんどの場合が問題なく使用出来る事が多いですが、電波が弱い地域であったり電波を妨げる建物などが近くにある場合は設置が困難なケースがあるので注意が必要です。

室内アンテナ

室内アンテナは工事がいらず、一番手軽に導入する事が出来るタイプのアンテナです。
しかし、その分電波の受信性能が他のタイプのアンテナに劣る為、ご自宅の電波の状況をきちんと確認してから購入する必要があります。

アンテナの選び方

アンテナを選ぶ際に重要なのが、お住いの地域の電界強度とアンテナの性能です。
電界強度が高い地域であれば、アンテナの性能が低くても問題なく地デジを受信する事が可能です。
一方で、電界強度が引くい地域にお住まいで、アンテナの性能が低い物を選んでしまうと地デジの受信が出来ないといった事態になってしまう可能性があるので注意が必要です。

電界強度とは

電界強度とは、届く電波の強さの事を言い、電波の送信を行う電波塔からの距離や障害物の有無を加味して電界強度の強さ別にエリア分けしたものを電界地域と呼びます。
「強電界地域」「中電界地域」「弱電界地域」の3つに分けられ、強電界地域ではデザインアンテナや室内アンテナなどのタイプも問題なく使用できるケースが多くなります。
一方で、弱電界地域の場合は、電波を受信しやすい屋外用のアンテナのみでしか地デジの電波を受信できないケースが多くみられます。
自分が住んでいる地域がどの電界地域に当てはまるのかを調べるには、取り付けを依頼する業者に確認するのが一般的とされています。
また、自分が住んでいる近所に設置されているアンテナを確認することで、だいたいの電波強度をすることが出来ます。
八木式アンテナが多く設置されている場合は電界強度が低い為と推定され、このような地域で室内アンテナ等を設置した場合には、電波の受信が難しい可能性があります。