テレビアンテナを比較!どれを設置するべき?

新築戸建ての場合、テレビアンテナを設置しないとテレビを視聴する事が出来ません。
しかし、テレビアンテナといっても色々なタイプがあり、どの種類のものを設置するべきなのか悩んでしまいますよね・・。
性能を重視するべき?家の外観を損ねないもの?など、どれが良いのか頭を抱える人も多いでしょう。
そんな時の参考となるよう、テレビアンテナについて比較しながらお話していきたいと思います。

電波の受信が強いアンテナ

テレビアンテナを設置する上で重要なのが、きちんと電波を受信し安定した状態でテレビを映し出す事です。
その為には、設置したアンテナがしっかりと電波を受信する必要があります。
そこで、八木式テレビアンテナ・デザインアンテナ・ケーブルアンテナの電波の受信について比較してみました。

八木式アンテナ〈やや強い〉

八木式アンテナは魚の骨のような形をしたアンテナで、昔から多くの人に利用されている代表的なアンテナです。
八木式アンテナのテレビ電波の受信感度は「やや強い」とされており、その理由は屋根の上に設置するからです。
屋根上に設置する事で住宅の中で最も高い位置でテレビ電波をしっかりと受信する事が出来、ほとんどの場合が安定した状態で快適にテレビの視聴をする事が出来ます。
しかし、近年の異常気象によってアンテナそのものが倒壊してしまうといったケースも増えているので注意が必要です。

デザインアンテナ〈やや弱い〉

デザインアンテナはその名の通り、デザイン性が高く景観を損ねることなく設置出来、家の外壁色に合わせて選べられる事から選択する人が増えています。
しかし、住居の側面に設置する為八木式アンテナと比べると電波の受信感度が弱いと言われているので注意が必要です。
電波を受信する際に、電波を遮るものが少ない屋根に設置するタイプのものと比べると、家の壁面に設置する為、電波受信がどうしても弱くなってしまうとされています。
電波の強い地域であれば問題なく使用できるとされているので、設置する際にはご自宅の電波状況を確認してから設置すると安心です。

ケーブルテレビアンテナ〈強い〉

電波の受信感度についてはケーブルテレビアンテナが1番良いとされていますが、その理由はそもそもテレビを受診する仕組みがケーブルテレビと八木式アンテナ・デザインアンテナでは異なる事が関係しています。
ケーブルテレビは、地上波放送や衛星放送を受信し、ケーブルテレビ網(光ファイバーケーブルと同軸ケーブル)を使って家庭に届ける仕組みとなっています。
アンテナを設置する必要がないため、天候や建物・他の電波などによって電波障害が起こることなくテレビ電波を受信する事が可能となります。

設置費用・月額料を比較

八木式テレビアンテナ

八木式アンテナは、初期費用のみでテレビを視聴する事が出来るのが大きなメリットと言えます。
テレビアンテナ本体とそれを設置する際の費用は必要となりますが、毎月の費用は発生しません。
アンテナ本体が3000円~4000円程度で、設置費用が30000円~が一般的であると言われています。

デザインアンテナ

デザインアンテナ(壁面・平面・フラット)も八木式アンテナと同様に、アンテナ本体・アンテナ設置費用のみでテレビを視聴する事が可能です。
業者によっては、屋根に設置する八木式アンテナに比べて、屋根に上る危険がないデザインアンテナの設置費用は安くなっている場合もあります。
しかし、デザイン本体の値段は八木式アンテナに比べると高くなります。
デザインアンテナの設置費用は40000円程度が一般的とされています。

デーブルテレビアンテナ

ケーブルテレビの場合は、他のアンテナとは異なり毎月一定の月額費用が発生するので注意が必要です。
ケーブル会社や契約内容によって異なりますが、毎月約5000円~6000円ぐらいが相場と言われています。
月額料金は必要となりますが、ケーブルテレビは独自のチャンネルがあり、多くの番組を視聴できるのが特徴です。