4K8Kテレビのメリット-2020オリンピックに向けて

いよいよオリンピックの開催まで1年を切りました!
オリンピックに向けて、4K8Kテレビの購入を検討中というご家庭もあることでしょう。4K8Kテレビにすると今までのテレビ映像と何が変わるのか?オリンピックは4K8Kテレビで見た方がより楽しめるのか?オリンピックを4K8Kテレビで見るメリットについてまとめてみました。

4K8Kテレビと今までのテレビの違い

デジタル画像が乱れて点々になった、パソコンに表示した写真を大きくし過ぎてドットが見えたといった経験はありませんか?画像を作っているドットと呼ばれる正方形の点が「画素」です。画像を構成する点の数(密度)を表す数字が「画面解像度」で、4Kや8Kはこの「画面解像度」を表しています。

4K(3,840×2160画素)とは

  • 横に3840個のドット
  • 縦に2160個のドット
  • 画面全体では829万4400個のドット

が並んでいることを表しています。
横に並ぶ3840がおよそ4000なので、1000=1kから4Kと呼ばれています。
HD(ハイビジョン)から8Kに至るまで、「画面解像度」を比べてみると

  • HD (ハイビジョン) 1,280×1080
  • フルHD (フルハイビジョン) 1920×1080
✓2K 1920×1080 又は 2560×1440
  • 4k 3840×2160
  • 8K 7680×4320

これまでテレビは「フルHD (フルハイビジョン)」なので1920×1080→2073600個の点で画像が作られていました。これが4K、8Kになると

4K→3840×2160→8294400 4倍
8K→7680×4320→33177600 16倍

となり、4Kテレビはフルハイビジョンテレビの4倍、8Kテレビは16倍「高精細なテレビ」ということができるのです。加えてこれまでのフルハイビジョンテレビは、画面が大きくなるにつれて映像が粗くなってしまう欠点がありましたが、4K/8Kは大型テレビで視聴しても画面の粗さが目立ちにくいため、大画面で迫力のある映像を楽しむこともできます。

4K8Kテレビでオリンピックを楽しむメリット

これまでのフルHDのテレビでおよそ200万の点で表していたものを、8Kでは3300万を超える点で表すことになります。さらに4Kや8Kでは従来より広範囲にわたる色の表現が可能になったことに加えて、色の明るさを自然に表現できるようになったことから、静止画像から動きの速い映像までをよりなめらかに、繊細かつ鮮明な映像で映し出すことが可能になりました。これまでの2Kでは不鮮明だった色彩や明暗も、4Kや8Kではより鮮明に映し出すことから立体感の強い映像になり、映像がよりリアルで臨場感が増し、大迫力で楽しめるようになりました。

こうした4K8Kのメリットが活かされることで

  • フィールド競技では選手の背番号をはっきりと表示することはもちろん、これまでのテレビではわかりにくかったプレー中の選手の表情や動きを間近に見ることができ、自宅に居ながら相手選手への細かな駆け引きまでも感じることができます。
  • アーティスティックスイミングでは水着に施された美しい装飾、華麗な技や苦しい時間にも絶やすことのない笑顔までが舞いあがる水しぶきとともに映しだされます。
  • 遠くまでクリアで、奥行きのある風景が映し出されるため、世界中の人々が観戦に訪れるオリンピック会場の臨場感が伝わってきます。
  • 4K放送では、5.1チャンネルサラウンドを、8K放送では22.2チャンネルのマルチチャンネルサラウンドを楽しむことができるために全方向から音を再現するが可能になり、大画面に映し出される映像と共に、選手と観客の一体感、迫力のオリンピック、最高の時間をご自宅で体験することができるのです。

4K8K放送を楽しむためには

4K8K衛星放送を楽しむためには

  • 専用アンテナ+チューナーを内蔵した4K8Kテレビ
  • 専用アンテナ+4K8K対応テレビ+チューナー

が必要になります。
4K8Kテレビはチューナーが内臓されているため、チューナーがなくても衛星放送を受信することが可能です。テレビ、アンテナ、チューナーを揃えれば視聴ができますが、環境によってはブースター、分配器、ケーブルなどの補助機器が必要なケースもあります。4K8Kテレビについてのご相談もアンテナ工事専門業者にお気軽にお問い合わせ下さい。