電界強度に合わせたアンテナとは

アンテナ選びに重要な電波強度とは

これから自宅にアンテナを設置するという人は、電界強度に合わせてアンテナを選ぶ必要があります。
電界強度という言葉を初めて聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
電界強度とは、地デジ放送の電波を受信する強さのことをいいます。
電波の送信局が近い場所は、電波が強い傾向にあり強電界、普通程度のエリアは中電界、電波塔から遠い場所や周囲に高い木、高層ビルがある場合には電波の弱い弱電界になります。
まずは、住んでいる地域の電界強度を調べ、それに応じたアンテナを選びましょう。
電界強度に合っていないアンテナを選ぶと、テレビの映りが安定しないことや、まったく映らない場合があります。
アンテナの種類には、八木式アンテナとデザインアンテナがありますが、それぞれのアンテナについても性能別に選ぶことが大切です。

電界強度の強さを調べよう

自宅周辺のアンテナの種類や、方向を確認することで大まかな電界強度は予想がつきます。
どのアンテナを使用しているのかは、近隣住宅の屋根の上を見るとわかるでしょう。
屋根の上にアンテナが設置されていない場合はデザインアンテナの可能性があります。
設置位置は電波状況を正確に測定する必要があり、専用の機器、レベルチェッカーを使用しなければなりません。
専用の機器を持っていない人は、アンテナ工事の専門業者に相談すると、電波状況を正確に測定してもらえます。
ブースターがあるかどうかによっても電界強度に関係しており、電界強度の強くないエリアであればブースターの設置が必要です。
また、電波状況が良いエリアも複数のテレビに信号を分配しなければならない場合は、ブースターを設置して、電波を強くさせると安定してテレビを視聴することができます。
電界強度が強いエリア以外は、デザインアンテナではなく八木式アンテナしか設置できないというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、現在では数年前と比較してデザインアンテナの性能も向上しており、東京タワーやスカイツリーから電波が送信されているため、これまでと比較すると設置可能なエリアが増えてきています。
アンテナ工事の専門業者と相談して、適切なアンテナを選びましょう。