傾いたアンテナをそのままにしておく危険性

今年も大型の台風が上陸し、各地に大きな被害をもたらしました。浸水被害を受けられた地区では日常生活の復旧に大変な日々をお過ごしでしょう。屋根の上に設置されているテレビアンテナが傾いていても、気づかれることなく対応が後回しになるケースが多くあります。今回は傾いたアンテナに潜むリスクとその対処法をお知らせします。

アンテナが倒れるとどうなる?

台風などの豪雨や強風で倒れる恐れのあるアンテナは屋根の上に設置されている魚の骨状のアンテナ「八木式アンテナ」でしょう。通常はアンテナの四方に伸びている「補助支線」と呼ばれるワイヤーで、傾いたり、位置がずれることのないようにしっかりと固定されています。アンテナ設置の知識を持ったアンテナ工事専門業者が補助支線を用いて適切に固定すればアンテナがずれるということはほとんどありませんが、経年によって補助支線自体の劣化が進んでいたり、近年猛威を振るう予想を超えるような暴風雨、大きな地震があった場合はアンテナ本体が傾いたり、倒れたりということが全くないとは言えません。

アンテナが大きく傾いたり、倒れたりした場合は

  • エラーコードが出てテレビ映像が映らなくなる
  • テレビ画面にブロックノイズなどが入って見にくくなる

などテレビの視聴に影響が出ます。電波を受信しやすい環境にアンテナが設置されているとアンテナが倒れた状態でも電波を受信し続けるということがまれにあるため、テレビ映像には支障が出ずアンテナが倒れていることに気づかなかったり、気づいたとしてもテレビはいつも通り視聴が出来るので、そのままの状態で放置されてしまうこともあります。傾いたアンテナが大きく倒れ、屋根や屋根瓦が損傷すると、瓦の落下や雨漏りが起こる可能性も考えられます。アンテナ本体や屋根材の落下で、周囲の人が巻き込まれる大事故に発展するリスクもあるのです。大きな台風が通り過ぎた後、地震で大きく揺れた場合などテレビの視聴に問題がなくても、必ずアンテナを確認することがとても大切です。

アンテナが傾く自然災害以外の理由

アンテナは台風や地震など自然災害以外の理由でも傾いたり、倒れたりすることが考えられます。

✓アンテナ設置場所の劣化が進んでいる場合

アンテナが設置されている屋根自体が劣化しいると、その上に建てられたアンテナがぐらつくということがあります。屋根瓦に浮きがある場合は瓦が飛ばされるような強風が吹けば、アンテナは屋根瓦と共に倒れてしまいます。また、アンテナ設置後に屋根の修理などの工事が入った場合は、屋根を動かしたことでアンテナの固定がゆるんでしまいアンテナが倒れてしまうという危険性が生じます。

✓アンテナ本体や、支柱、支線などに劣化が見られる場合

長期間、雨風や直射日光などにさらされることによってアンテナ本体はもちろん、アンテナを支える支柱やアンテナを固定しているワイヤーなどの経年劣化が進み、設置環境によってはサビなどが出るケースもあります。こうした場合はアンテナの固定強度が弱くなりアンテナを支えきれず、アンテナが傾いたり、倒れたりと言ったことにつながる恐れがあります。

傾いたアンテナには早急な対応を

アンテナは一般的には遮る物のない屋根の上に設置されています。
良好なテレビ電波を受信するためには重要ですが、そのため環境の影響を受けやすくまた、修理やメンテナンスには危険が伴います。特に悪天候の中でアンテナを確認したり、自分で修理をしようとすることは大変危険です。

日頃からのメンテナンスとともに、雨や風の影響を受けにくいデザイン(壁面・フラット)アンテナの設置をご検討されることもおすすめです。傾いたアンテナへの対応、アンテナ全般についてのご相談もアンテナ工事専門業者にお問い合わせください。