ケーブルテレビ・光回線からアンテナへの切り替え

地デジ(地上デジタル放送)を見るためには

  1. アンテナを設置する
  2. ケーブルテレビに加入する
  3. 光回線契約をしてひかりTVやフレッツテレビのオプションを付ける

の3つの方法からどれかを選択する必要があります。ケーブルテレビや光回線を選ばれた方が、数年後にコストの面からアンテナ視聴へ切り替えられることも珍しくありません。それぞれのメリットやデメリット、アンテナへの切り替えについて見ていきましょう。

地デジ視聴の3つの方法について

アンテナの設置

テレビ局が電波塔から送信した電波を直接受信します。

アンテナ設置のメリット

  • 初期費用以外のランニングコストは0円

アンテナを設置するために工事代金が発生しますが、一度設置すれば月額料金が発生することはありません。

  • 番組の録音が簡単できる

DVDレコーダーやブルーレイなどの番組録画用ハードがあれば番組の録画ができます。

  • インターネットプロバイダを縛りなく選択できる
テレビ視聴とインターネット契約が別になるので、プロバイダの選択肢が広がります。

アンテナ設置のデメリット

  • 初期費用が発生する
    アンテナ機器の費用、工事代金などが必要となります。
  • 台風、大雨などでアンテナが破損するリスクがある
  • 視聴の質は立地や天候の影響などを受ける場合がある
アンテナレベルが低い地域では電波の増幅器(ブースター)が必要になることもあります。
  • 住まいのデザインを損ねる
    一般的なアンテナは外から目立つ場所に設置するため、家の外観を損ねることを気にされる方もあります。
  • インターネット回線は別に契約する必要がある

ケーブルテレビへの加入

加入したケーブルテレビが受信した電波が専用のケーブルでチューナー送信され、チューナーにテレビを接続することで視聴が可能になります。

ケーブルテレビ加入のメリット

  • アンテナが必要ないため設置の初期費用がいらない
    ケーブルテレビへの加入料などが必要ですが、アンテナ工事の費用は必要ありません。
  • 一般的な番組の他、スポーツや映画、子供向けなど専門的なチャンネルも契約をして視聴が可能になる。
  • インターネットを別に契約する必要がない
    ケーブルテレビはインターネットを経由してテレビを視聴しているため、別途インターネット回線を契約する必要がありません。
  • 屋外に取り付ける機器がないので住まいの外観を損なわない。天候、立地などの影響を受けず安定した視聴が可能。

ケーブルテレビ加入のデメリット
・毎月利用料が発生する

見ない番組や必要としないサービスがあっても毎月定額の利用料が発生します。また、契約によっては急な引越しなどの場合に違約金の支払いが発生するケースがあります。

  • インターネットに関しての問題

一般的なネット回線に比べると回線速度が遅い、混雑時に通信速度が低下するという場合があります。また、インターネットを全く利用しない場合は定額料金に含まれているインターネット使用料が無駄となります。

光回線契約

光回線を契約しているご家庭ではオプション契約をすることで地デジの視聴が可能になりますが、

  • インターネット利用の契約なので、インターネット利用のない家庭ではそもそもの契約が無駄
  • 光ケーブル引き込み工事が必要となり申し込みから工事の完了まで1か月程度必要になる
  • 光回線が非開通の地域では利用ができない
  • 一部の光回線ではテレビオプションが設定されていない

などから、地デジを見るためだけに契約をされることはありません。

アンテナへの切り替えでコストカット

月額費用が掛からないアンテナは、一度設置してしまえば大きなコストカットとなります。アンテナ工事後は、フレッツテレビとひかりTVをご覧のご家庭でもすぐにテレビを視聴できるようになりインターネットやひかり電話に影響はありません。デザインアンテナを選ぶことで住まいのデザインを邪魔することもありません。アンテナへの切り替えについては、アンテナ工事専門業者にご相談ください。