太陽光パネルの設置とアンテナについて

お住まいの新築を機に、屋根に太陽光パネル(ソーラーパネル)を設置されるという方が多くいらっしゃいます。太陽光パネルを取り付けてしまうと屋根にテレビアンテナが設置できないとお考えではありませんか?テレビアンテナは屋根の上に設置するタイプだけではありません。太陽光パネルを利用しながら、月額料金の負担がない「テレビアンテナ」を設置することは可能なのです。

壁に設置できる「デザインアンテナ」

これまでアンテナと言えば屋根の上に設置する、魚の骨のようなアンテナ「八木式アンテナ」が一般的に広く使われてきました。屋根に太陽光パネルを設置する場合、大型の台風やゲリラ豪雨などによる万が一のアンテナ倒壊リスクを考えると、アンテナ設置の必要がないケーブルテレビや光回線に加入し、月額使用料の負担も仕方がないとお考えの方がいらっしゃいます。しかし、近年人気を集めているデザインアンテナ(壁面アンテナ・フラットアンテナ)とよばれる長方形の箱型のアンテナはとても軽量で、厚みも手のひら程しかなく住居の壁面への設置が可能になりました。こうしたデザインアンテナを利用すれば屋根に太陽光パネルを設置される場合でも、コストパフォーマンスに優れた「テレビアンテナ」を設置することができるのです。

更にデザインアンテナは住居のカラーに合わせて白や黒、ベージュ、ブラウンといったお好みのカラーを選択することもできるため、壁と同じ色を選べばより目立たないアンテナ設置ができる一方、外壁と異なるカラーを選択してアンテナを住まいのアクセントカラーとしてデザインの一部に取りこんでしてしまうという使い方もできます。住居のスタイルにこだわりを持つ人、一戸建ての新築住居への設置ではとても人気のあるアンテナです。

またデザインアンテナは壁に設置できるため、雨や風、雪、直射日光などアンテナの損傷や劣化につながる環境の影響を受けにくい、屋根の形などに関係なく使用できる、アンテナを枝がわりにして集まる鳥によるフン害を避けることができるといったメリットもあります。一方、周囲の建物の影響を受けにくい屋根の上に設置する従来の八木式アンテナに比べると受信感度が弱くなるために、弱電界地域では使用できないことがあります。デザインアンテナ設置はアンテナ工事専門業者にご相談されることをおすすめします。

デザインアンテナなら「屋根裏設置」も可能に

デザインアンテナを利用すれば太陽光パネルの邪魔にならないのと同時に、アンテナや配線などが外から全く見えなくなる「屋根裏」に設置することも可能です。屋根裏設置をすれば雨や風などによるアンテナ倒壊の危険性は全くなく、アンテナや周辺機器を劣化させる直射日光など環境の影響を受けないというメリットがあることに加えて、住居の外観を全く変えることのないアンテナ工事ができるため、太陽光パネルを設置されない新築物件においてもとても人気のある工事です。一方、周囲を壁で遮られた屋根裏に設置するため、元々電波の弱い弱電界地域での工事は難しくなることに加えて、屋根に太陽光パネルを設置した場合はさらに電波が弱くなるケースがあるので、事前の確実な調査が必要です。

その他にも屋根裏に通じる点検口がある、屋根裏に約1㎥以上のスペースがある、屋根の材質に金属が使われていないなど、設置に関してはクリアが必要ないくつかの条件があります。さらにアンテナ工事自体に電波やケーブル分配器などの専門知識が必要になるため工事を引きうける業者自体が少ないということがあります。逆に言えば、屋根裏設置ができるアンテナ工事専門業者は専門知識を持って工事に当たることができるという証明になるので、太陽光パネルを利用している住居へのアンテナ設置に関しても、安心してご相談頂けます。