賃貸でBSアンテナを設置する方法

新築戸建てを購入した場合、ご自身でテレビアンテナを設置しなければテレビの視聴が出来ないケースがほとんどです。
しかし、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、よほど古い建物でない限りは建物自体にテレビを見る為の設備が整っているのが一般的です。
地上波の放送はそのまま視聴できる事が多いですが、BS放送の受信については別途でアンテナを設置する必要があります。
ここでは、賃貸でテレビアンテナを設置する方法についてお話ししたいと思います。

アンテナを設置する前に確認する事

賃貸契約書をよく確認する

建物が放送に対応していても、アンテナを設置することが禁止されているケースがあります。
その為、アンテナの購入・設置依頼をする前に契約内容をしっかりと確認しておくことが重要です。

アンテナの設置には許可が必要

衛星放送を視聴する為に設置するパラボラアンテナは、ベランダの手すりなどに設置されるのが一般的です。
集合住宅の場合、洗濯物を干す程度であれば許可は必要ありませんが、アンテナの設置に関しては専用の部品で固定する為、外観を損ねる可能性があります。
ベランダは共有スペースとされており、勝手に手を加える事は出来ないとされている為、事前に大家さんや管理会社に許可を取っておくと安心です。

アンテナの設置が難しい場合

賃貸契約によって外観に手を加える事が禁止されている場合は、ベランダにパラボラアンテナを設置する事は難しいでしょう。
その際は、室内アンテナを設置する方法もあるので検討する事をおススメします。
室内アンテナであれば、天候の影響を受けにくく比較的簡単に設置する事が可能です。
しかし、設置する位置によって受信電波にばらつきがあるケースもある為、専門業者に電波状況を確認してもらい設置かのうか判断してもらうと良いでしょう。

【BS放送が視聴可能な場合】

衛星放送の視聴が可能な建物だった場合、以下の事を確認していきます。

まずはBSテレビが映るか確認を

現在使用しているテレビがBS放送に対応しているかを次の順に確認していきます。

①地デジに接続されている同軸ケーブルを確認する

テレビに接続されている同軸ケーブルがあるかどうかを確認します。

②BS・110度アンテナ入力に接続する

同軸ケーブルを専用の差込口に接続します。(レコーダーの有無で差込口の位置が異なります)
基本的には「BS・110度CSアンテナ入力」と記された場所に接続します。

③BS放送院テレビを切り替える

テレビリモコンをBSに切り替えて、放送が可能であればチャンネルが映ります。
映らない場合は、もう一度接続の確認をし、アンテナ等の環境が整っているのか確認しましょう。

注意する事

アンテナがあっても見る事が出来ないケースがある

BS放送は、アンテナが設置されているだけでなくブースターや混合器などの受信機に対応している必要があります。
その為、築年数が経過している建物などでは機材が古くなっている可能性があるので注意が必要です。

周辺の建物にも注意を

電波は建築物などによって遮断される事があります。
近隣に住宅やマンションが建設された事で、急にBS放送が見られなくなったというケースもあるので注意が必要です。
ご自宅の建物よりも高い中高層のものが近くに建設された場合、電波が反射されてしまい受信が困難になる可能性が高いと言われています。
視聴が困難または映りが悪いといった事態になってしまった時には、管理会社に相談して対策工事を検討することも必要でしょう。

アンテナの設置は専門業者に依頼を

衛星放送のアンテナは、電波をしっかり受信できる場所に設置する必要があります。
また、電波の受信に適した方向・強度などを知っておく必要があるため、自分で設置した場合に不具合が起こってしまったというケースも多くあります。
壁やベランダに設置する場合は、アンテナで金具を固定する必要があり身を乗り出しての危険な作業となる為、信頼できる専門業者に依頼する事をおススメします。