電界地域に適したアンテナ設置

強電界地域・弱電界地域という言葉をご存知ですか?
普段あたり前のように視聴しているテレビですが、この電界地域によってテレビの映りが悪かったり映らないチャンネルがあったりと、テレビの視聴に大きな違いが出てきます。
中には引っ越した先が弱電界地域という事を後から知り、アンテナの設置が困難に・・・といったケースもあります。
ここでは、電界地域に適したアンテナ設置についてお話ししていきたいと思います。

電界強度でテレビの映りが違う?

電界地域には「強電界地域」「中電界地域」「弱電界地域」の3種類があります。
お住いの地域がどの電界地域であるかは、放送局から受信する電波が届く強さを表す電界強度の強さによって異なります。
この電界強度が違うと、テレビの映り方が変わってくるとされており、弱電界地域であればあるほどテレビの映りが悪かったり、映らないチャンネルが出てしまったりといった症状が現れやすくなります。
放送局から遠い住まいであるほど電波は弱くなり、電界強度が弱い地域となり「弱電界地域」と呼ばれ、逆に放送局に近ければ近いほど電界強度が強い地域となり「強電界地域」となります。
「中電界地域」は強電界地域と弱電界地域の中間となります。

お住いの電界地域を見分ける方法

①近所の家のアンテナを確認する

近所のアンテナの種類を確認する事で、お住いの地域がどの電界地域なのかだいたい分かると言われています。
お住いの地域が強電界地域である場合は、近所の家のアンテナは平面なタイプや比較的小さなタイプのものを取り付けているケースが多いでしょう。
逆に、大きなアンテナを取り付けている家が多い場合は、弱電界地域である可能性が高いです。
ご自宅から電波塔などの発信所が見える距離にある場合は、強電界地域であると言えます。

②近所の家電量販店に聞いてみる

アンテナを扱う家電量販店では、地域の電波状況も認識している可能性があります。
家電量販店の全ての店員が知っているわけではないので注意が必要ですが、買い物ついでの聞いてみるのも良いでしょう。

③「A‐PAB」というサイトを利用する

一般社団法人放送サービス高度化推進協会の「A‐PAB」というサイトでは、自宅の郵便番号や住所を検索する事で、放送局の受信範囲を見る事が可能です。
また、全国の電波塔の位置も表示されるので、ご自宅がどの電波塔に近いのかを知ることが出来、どのあたりが電波塔に近い強電界地域なのか知る事が出来ます。

④専門業者に測定してもらう

アンテナ工事の専門業者に依頼する事で、正確に測定するための機器で電波状況を計測してもらう事が出来ます。
また、業者によっては無料で測定してくれる場合もあるので一度確認してみると良いでしょう。

電界地域ごとに適したアンテナの設置を

室内専用アンテナ

室内専用アンテナを利用する場合は、強電界地域または強電界地域に近い中電界地域が好ましとされています。
室内専用アンテナは小さくコンパクトで、インテリアの一つとして設置する事も出来るのが特徴ですが、弱電界地域での利用は不向きであるとされています。
ただし、強電界地域であってもアンテナを設置する際は、電波が届きにくくなる可能性もあるので位置を放送局の方に向けて設置します。

室内・屋外兼用アンテナ

室内・屋外兼用アンテナの場合は、強電界地域と中電界地域に向いていると言われています。
従来のもとのとは違い平面の形でアンテナ感がない事から、室内でも屋外でもインテリアを邪魔することなく設置出来ます。

平面タイプのアンテナ

平面タイプのアンテナは、弱電界地域であっても設置することは可能ですが、その際にはブースターと呼ばれる増幅器を設置する必要があります。

屋外専用アンテナ

屋外専用アンテナの場合は、すべての電界地域で使用する事が可能であると言われています。
屋外専用アンテナでは八木式アンテナと呼ばれる魚の骨のような形をしたアンテナが一般的ですが、屋根上に設置するため電波を受信しやすく弱電界地域に向いています。