八木式アンテナの魅力

近年では、様々なタイプのテレビアンテナが販売されるようになり、ご自宅にあったアンテナを選択する事が可能となってきました。
しかし、新しいものが販売される中、昔から多くの人に利用されてきた「八木式アンテナ」を変わらず利用されるケースも多くみられます。
ここでは、今でも多くの人に利用される八木式アンテナの魅力についてお話ししたいと思います。

八木式アンテナとは?

八木式アンテナとは、屋根上に設置するタイプの金属製で魚の骨のような形をしたアンテナの事を言います。
テレビアンテナと聞くと、多くの人がこの八木式アンテナをイメージするのではないでしょうか。
八木式アンテナは、アナログテレビの時代から多くの人が利用しており日本で広く普及しているアンテナです。
放射器(ラジエーター)・反射器(リフレクター)・導波器(ディレクター)が前後に配置されている構造となっており、基本的に素子(エレメント)が多いほど感度が高くなる作りとなっており、テレビの電波を受信する以外にも、FM・AMラジオやアマチュア軍用無線など、幅広い分野で利用されています。
八木式アンテナを選ぶ際には、「物理チャンネル」「偏波面」「動作利得」の3点がポイントとなります。
物理チャンネルとは、送信局から送られてくる地デジ電波に当てられたチャンネルの事を言い、アンテナを選ぶ際には自分が住んでいる地域の物理チャンネルに対応したものを選ぶ必要があります。
また、地デジ放送では中継局ごとに異なる偏波面が使われているため、アンテナを設置する際には必ず受信電波の偏波面に合わせなければなりません。
動作利得はアンテナの感度の事を言い、住んでいる地域によって送られてくる電波の強さが違うため、最適な感度のアンテナを選ぶ必要があります。
現代でも多くの住宅に設置されている八木式アンテナですがその歴史は古く、なんと約100年前の1924年に開発されたといわれています。
開発から100年近く経過した今でも利用されている事に驚きですね。

八木式アンテナの魅力

アンテナの受信性能が優れている

八木式アンテナの魅力としてまず挙げられるのが、受信性能が優れている為テレビ視聴が安定するという点です。
そのため、テレビ電波が弱いとされている地域であっても、ブースターなどを設置しなくてもテレビを視聴する事が可能となるケースが多くみられます。
さらに、電波の届きにくい地方局の放送なども安定して視聴する事が出来ます。
最近では壁面に取り付けるタイプのアンテナも多く販売されていますが、屋根上に取り付けるタイプの八木式アンテナは周辺の電波を遮る障害の影響を受けにくく、電波の受信に優れていると言われています。
八木式アンテナは素子数によって電波の利得や指向性が高まる為、電波状態が悪い環境であっても、設置する高和屋角度を調節する事によって確実に電波をキャッチすることが可能です。

初期費用しか発生しない

八木式アンテナの魅力の一つして、初期費用のみでテレビの視聴が可能となる点が挙げられます。
光テレビなどを利用する場合、月額費用が必要となりますが、テレビアンテナを設置する場合は最初のアンテナ代・設置費用のみでその後に月額料金を支払う必要はありません。
※NHK受信料は必要となります。

安価に設置する事が可能

他のテレビアンテナに比べて安価に設置できる点も八木式アンテナの魅力のひとつです。
八木式アンテナは、アンテナの製作や設置の技術が確立されている事から、他のアンテナに比べて安価に設置する事が可能です。
販売されている八木式アンテナにも実績があるブランドなどが存在し、メーカーによって値段は異なりますが、価格が安いものだと3000円台から購入する事が可能です。