アンテナの故障?エラーコードについて

テレビの視聴中や、テレビの電源を入れた時に「現在受信できません0020」や「E202」などの記号や文章が表示された経験はありませんか?
この記号や文章は「エラーコード」と呼ばれるもので、コードによってテレビの不調原因を表しています。
突然テレビが映らなくなってしまったり、ブロックノイズがかかってします症状が現れると驚いてしまいますよね。
ここでは、エラーコードの意味や対処法についてお話ししたいと思います。

エラーコードの意味

エラーコードは表示される記号によって、原因が異なります。
よく表示されるエラーコードは下記の通りです。

「現在受信できません0020」

受信レベルが低く、映像を映すだけも電波を受信できていない時に表示されます。
中には、電波状況は変化するため時間が経ったら映るといったケースもあります。

「信号レベルが低下していますE201」

このエラーコードが表示された際も、アンテナからの受信レベルが低く安定して映像を映すことが出来ない場合に表示される事が多いです。

「放送休止中のチャンネルですE203」

深夜を中心に、放送機器の点検のためにテレビ放送を休止する事があります。
その際にこのエラーコードが表示されますが、受信レベルが非常に低く映像を出せない状態の時にも表示される事があります。

「アンテナ接続か受信環境に不具合があるため、ご覧になれませんE202」

テレビ放送の電波が全くテレビまで届いていない状態のときに表示されます。

受信レベルの確認方法

0020・E201のエラーコードが表示された場合はしばらくするとテレビが映る可能性もありますが、E202・E203の場合は基本的に復旧が難しいとされています。
また、仮にしばらくして映ったとしても、受信レベルが低いままにしておくと再度エラーコードが表示されてテレビが視聴出来なくなってしまう可能性が高いです。
下記の手順で受信レベルを確認することが出来るので、一度確認してみる事をおススメします。
テレビリモコンの「ホーム」または「スタート」ボタンを押します。
開いたメニューから「設定」を選択します。
「受信設定」や「アンテナ設定」を選択します。

上記の手順は一般的なものとなり多くの場合がこの手順で確認する事が出来ますが、操作方法は各メーカーによって細かく異なるので、使用しているテレビの取り扱い説明書を確認してくと安心です。

対処法

テレビやアンテナの接続の確認を

コンセントの脇にある丸いテレビ端子という差込口に、同軸ケーブル(アンテナ線)が奥まできちんと正しく差し込まれているかを確認しましょう。
次に同軸ケーブルの反対側のプラグがテレビ本体背面の「アンテナ入力」にきちんと差し込まれているかを確認します。
「アンテナ入力」はテレビのメーカーによって表示か異なり、「UHF入力」や「地デジ入力」と表示されている場合もあります。

テレビ本体の脇にある「B-CAS(ビーキャス)カード」を確認する

「B-CASカード」はテレビ購入時に付属されている物で、テレビを視聴するのに必要な物です。
中古テレビを購入した際に付属していなかったり、紛失してしまった場合は「B-CAS(ビーキャス)」のホームページで発行の手続きをすることが可能です。
また、2018年12月からスタートした4K8K放送にはこのB-CASカードではなく、「ACASチップ」というものが内蔵されている為、差し込み不良などの心配はありません。

お住いの地域設定とチャンネルスキャンがきちんと行われているか確認する

引っ越しをした場合や、テレビを新しく購入した場合には必ず初期設定を行う必要があります。
中古のテレビを使用する場合などに、以前の設定が残っており地域設定が異なっているケースが多く見られます。
その場合受信が難しくなってしまうので、地域設定を変更する必要があります。

テレビの再起動をする

通常テレビの電源を切る際は、多くの人がリモコンの電源ボタンを押すことが多いでしょう。
再起動する場合は、主電源を一度落とす必要があります。
再起動の方法はテレビのメーカーによって異なるので、説明書を確認しましょう。