アンテナ工事について

新築を購入し、新たな生活のスタートに胸を躍らせますが、引っ越しには色々な準備や手続きが必要となりますよね。
電力会社や水道局・ガス会社への手続きや住所変更なども必要となり、バタバタと過ごす事が多いかと思います。
そんな中で、多くの人が忘れてしまう事・・・テレビアンテナの工事です。
テレビは線をつなげば視聴できると思っていませんか?
実は、新築の多くがアンテナ工事をしないとテレビの視聴が出来ないのです!
ここでは、意外と知らないアンテナ工事についてお話していきたいと思います。

地デジアンテナとは?

テレビを視聴する為には、「地デジアンテナ」が必要となります。
そもそも地デジアンテナとは何?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
地デジアンテナとは、地上波デジタルアンテナ放送を受信する為のアンテナの事を言い、現在では民放テレビは全て地デジ放送となっているため、テレビを見る為には必ず必要となるものです。
ケーブルテレビや光回線など、近年ではテレビを視聴する為の選択肢が増えてきましたが、コストパフォーマンスなどの面でも地デジアンテナを設置する人は多くみられます。

忘れないで!新築の家には地デジアンテナが必要!

引っ越しするにあたり、やるべき事は山積みとなりますよね。
そんな準備の中で、以外と知られていないのがテレビアンテナの工事です。
引っ越しに荷ほどきが一段落し、少し一息つこうとテレビをつけたものの映らない・・・。なんて経験をした事のある人も多いのではないでしょうか。
実は、ほとんどの新築物件には地デジアンテナが付いていない為、新たにアンテナを設置しないとテレビの視聴をする事が出来ないのです。
アンテナを設置するには、アンテナを選び工事業者に依頼する必要がある為、気付いたその日に設置は難しいケースも多くあります。
その為、数日テレビのない生活を送るはめに・・・。
そうなってしまわないよう、新築物件へ引っ越しする際は、引っ越し前に業者に依頼し引っ越し当日・もしくは数日前に設置してもらうようにしましょう。

地デジアンテナのメリット・デメリット

メリット

地デジアンテナを設置する最大のメリットはコストパフォーマンスが高い点です。
ケーブルテレビや光回線に加入することでテレビの視聴は可能となりますが、月額料金が発生します。
ケーブルなどの費用は、年間で約8万円・10年間で80万円が一般的といわれています。
その点、地デジアンテナであればアンテナの初期費用は必要となりますが、一度設置してしまえば月々の視聴料は必要ありません。
さらにアンテナも寿命も20年から30年と言われており非常に長いため、多くの人が利用しています。
テレビアンテナと聞くと、屋根上に取り付ける魚の骨のような形のアンテナをイメージする人が多いかと思いますが、近年では新しいタイプのアンテナも多く販売されています。
従来の魚の形のような形とは異なり、家の外観を損ねないタイプのデザインアンテナ・壁面アンテナや屋根裏に設置するタイプのものなど、様々なタイプのものから選ぶことが可能です。
アンテナによって値段も異なり、デザインアンテナなどは従来のアンテナより少し高めとなっていますが、アンテナの色も選ぶことが出来、落雷や強風にも強い事から人気となっています。

デメリット

地デジアンテナを設置するデメリットとして挙げられるのが、初期費用が必要となる事です。
アンテナを設置する工事となるので、電線から配線を引き込むケーブルテレビや光回線の工事と比較すると部材費がかかってしまいます。
他には、家の外に設置するため台風や雪などの影響を受けてしまい破損する可能性もあるので注意が必要です。